通りすがりのポケモントレーナーだ、覚えなくていい

リアルポケモンリーグでジムリーダーやってたポケモントレーナーのブログ。 ポケモンやら他のことについてつらつらと並べていきます。

真皇杯予選使用構築

真皇杯予選も佳境に入ってきましたね
私は九州、関西1、関西2と3つの予選に参加しましたが
九州:予選ブロック5-2、トナメ1落ち(ベスト24)
関西1:予選ブロック5-3、予選落ち
関西2:予選ブロック4-4、予選落ち
と自慢できる結果ではありませんでしたがまあ負け越さない程度の構築だったということで
以下構築


2018y07m02d_230001787.jpg

1.フライゴン
性格:ようき 特性:ふゆう 持ち物:こだわりスカーフ
努力値:A252 D4 S252 実数値:155-152-100-*-101-167
技構成:逆鱗 地震 岩雪崩 とんぼがえり

いつもの

2.ドータクン
性格:ひかえめ 特性:ふゆう 持ち物:こだわりメガネ
努力値:H252 C244 D12 実数値:174-*-136-143-138-53
技構成:サイコキネシス ラスターカノン シャドーボール めざめるパワー氷

いつもの2

3.ハッサム
性格:わんぱく 特性:テクニシャン 持ち物:ゴツゴツメット
努力値:H236 B236 D36 実数値:175-150-165-*-105-85
技構成:とんぼがえり バレットパンチ 羽休め どくどく

もはや古代兵器だがグロスミミッキュあたりにそれなりに強いのでありかなーと
役割対象に受け出してから後攻蜻蛉での対面操作が偉い
謎にDに振っているが6世代ROM探したらいたやつなので意図は覚えていない

4.バシャーモ
性格:いじっぱり 特性:かそく 持ち物:ホノオZ
努力値:A252 D4 S252 実数値:155-189-90-*-91-132
技構成:とびひざげり フレアドライブ つるぎのまい まもる

数値受けを許さない剣舞Zバシャ
ハッサムの後攻蜻蛉との相性も良い

5.ゲッコウガ
性格:おくびょう 特性:へんげんじざい 持ち物:アクZ
努力値:B4 C252 S252 実数値:147-*-88-155-91-191
技構成:水手裏剣 冷凍ビーム あくのはどう くさむすび

カバマンダガルドを許さない技構成
草結びの枠は諸説
バシャと違い範囲で見ていくエース

6.フシギバナ
性格:おだやか 特性:ようりょくそ(あついしぼう) 持ち物:フシギバナイト
努力値:H252 B44 C80 D132 実数値: 187-*-109-130-150-100(187-*-149-152-172-100)
技構成:ヘドロばくだん やどりぎのタネ めざめるパワー炎 こうごうせい

水や電気に出したいのでHDベース、配分は検索したら出てきたやつ
割とこいつで詰ませられることも多いが起点にされやすいのは注意


良くも悪くもフシギバナ軸なので不意の飛行Zに死ぬほど弱い、フェアリー不在なのでジャラランガが難しい
とはいえエースのどちらかを通して楽に勝てることも多かったですが積み構築の相手が厳しかったのは反省かなと

QR
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4AFE-AA93

第44回つのおふ使用構築(優勝)

3/31の第44回つのおふに参加してきました
結果は6-2で予選抜けからの優勝でした!
これでつのおふでは2回目の優勝になります、やったね

2回目のJCS予選にあたるINCで使った際の結果は29-16で最終1650くらいだと思う

3/10にうみおふで使った時は3-2でじゃんけんにより予選落ち

INC開始時のWCSレートで2ページ目いたから20位以内ならワンチャンあるかと思ったがそんな甘くなかったですね
Screenshot_20180324-170033.png

以下構築

2018y03m29d_230849452.jpg

1.フライゴン
性格:おくびょう 特性:ふゆう 持ち物:きあいのタスキ
努力値:C252 D4 S252 実数値:155-*-100-132-101-167
技構成:りゅうせいぐん だいちのちから おいかぜ フェイント

VGC2017においてはとりあえず大地押してれば採用理由となりえたポケモンだがこのルールだとそんなもん掃いて捨てるほどいるので新たに採用理由を探したところおいかぜによるS操作からフェイントで味方の攻撃を通していくサポートに行きついた
・・・昔appdateでカモネギに対して似たような文章を見かけたが気にしてはいけない
2018y04m01d_195046300.jpg

主にリザードンを通していく方針のためリザの攻撃が通らないヒードラン等の炎タイプに通る大地とジャラランガ等のドラゴンに刺せる流星群で確定

2.ポリゴンZ
性格:ひかえめ 特性:てきおうりょく 持ち物:こだわりスカーフ
努力値:H4 B4 C228 D52 S220 実数値:161-*-91-202-102-138
技構成:はかいこうせん トライアタック れいとうビーム トリック

スカーフがばれにくくてかつ有効に使えるポケモンいないかなーと思っていたら行き着いたポケモン
こいつのスカーフがメジャーじゃないというわけではないがこのポケモンに対してはどうしてもテクスチャーZを警戒しなくてはいけないので結果非常にスカーフでの行動が通りやすくなってくれた
そのためにもパーティのZ枠に見えるよう気を使って組んだつもりである
特性順でスカーフがばれては意味がないので特性は適応力確定、先発で出して気に入らないポケモンを持っていく破壊光線、安定技かつ終盤での詰め筋となるトラアタ、4倍に撃つ冷ビ、唯一のラッキー系構築への抵抗手段であるトリックと技はすんなり決まった
努力値調整は相手のスカーフに上から叩かれないようC182テテフのフィールド下サイキネを耐える程度に耐久に振り、Sは順速ジャラランガ抜きかつ135族抜き、残りCとした
実戦ではC200テテフにボコボコ落とされた

3.リザードン
性格:ひかえめ 特性:もうか(ひでり) 持ち物:リザードナイトY
努力値:H236 B152 C100 S20 実数値:183-*-117-156-105-123
技構成:ねっぷう ソーラービーム めざめるパワー氷 まもる

多分本構築のエース、最初は潮吹きメガカメックスとか考えてたけどフライゴンとの範囲の兼ね合いからこいつに決定
優秀な範囲技の熱風に水に撃つソラビ、4倍に撃つめざ氷で範囲を取った
単体炎技が欲しい場面もあったが、悠長に舞うメガマンダを即死させたりしたので諸説ある
追い風下で動く想定ではあるので相手に耐えられた後一撃で倒されることの無いようSを落として耐久にガッツリ振った型としたく、A216ランドロスのダブル岩雪崩最高乱数切り耐えに順速70族抜き、残りCとした
これによりスイッチトリパとして運用できるようになったのは自分でも想定してなかった

4.フシギバナ
性格:ひかえめ 特性:ようりょくそ 持ち物:ドクZ
努力値:B4 C252 S252 実数値:155-*-104-167-120-132
技構成:くさむすび ヘドロばくだん ねむりごな まもる

リザードン入れてるしフシギバナ入れるか、という非常に雑な理由で入ったポケモン
追い風切れた後でも晴れが残っていればリザバナ展開 できるし別に初手からリザバナでもよい
最大火力出したいという理由で持ち物はドクZ、というか相手リザードンが割と重いのでポリゴンZで消し飛ばせなかった場合の処理速度を速めたいので、またカプレヒレなんかも一撃で飛ぶのでズルズキンが動きやすくなったりする
草結びは仮想敵にはこっちのが威力出るんじゃないかと採用したが不安定なので多分エナジーボールでよい(というか誰を仮想してたのか)
眠り粉は困ったときとかに使うやつ

5.ズルズキン
性格:いじっぱり 特性:いかく 持ち物:イアのみ
努力値:H244 A252 B4 D4 S4 実数値:171-156-136-*-136-79
技構成:けたぐり はたきおとす まもる ねこだまし

威嚇枠兼猫騙し枠の補完枠
ガオガエン大流行の現在であるがこの枠はズキンでないとバンドリに蹂躙されるのでリザードンへの岩技に出す意味でも他の威嚇枠では代わりにならない
おそらくもっともメジャーな持ち物はとつげきチョッキだろうが、仮想敵がバンドリだったりするので物理方面の耐久値も伸ばしたく混乱実での採用となった
これによる最大のメリットが普通に守れるということであり(見切りでないのは甘え)、これによりつのおふ決勝でも勝ちに大きく近づけた

6.サーナイト
性格:ずぶとい 特性:トレース 持ち物:オボンのみ
努力値:H252 B252 D4 実数値:175-*-128-145-136-100
技構成:マジカルシャイン トリックルーム ふういん まもる

こいつを選出するのは対あからさまなトリパか対露骨な追い風パの場合にほぼ限られる
トリパ相手なら封印でトリルを防げば相手は守るも使えないので隣のリザードンで素直に殴ってればだいたいゲームは終わる
追い風パであれば相手の追い風に合わせてトリルで大きく優位に立てる
こいつが倒れたら封印が解けてしまうので場持ちをよくするために耐久極振り、オボンのみを持たせた
ほぼ役割特化させてるだけあって対象相手には非常に活躍してくれた


そこそこいろんな相手と戦える構築にはできたかなーと思いますが最近見るようになったバシャーモあたりがきついかなと。
岩技持ちだとほぼみんなやられるんだよね、INCで当たったときには立ち回りでなんとか誤魔化せましたが

それと実はPGLでフライゴンで検索されると丸裸になってしまうという裏設定が
2018y03m24d_215333391.jpg

INCで勝ちきれなかったのは反省なので次回はもっといい構築を準備したいところですね

QRレンタルチーム
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4475-BDF5

シーズン7使用構築(最高2014、最終2003)

ウルトラサンムーン最初のシーズンも終わりましたね。
世間的にはインフレしてたシーズンらしいですが私としてはとりあえず2000は超えられたということで記事を書かせてもらいます。

最高
2018y01m23d_185024733.jpg
最終
2018y01m23d_184425035.jpg

以下構築
2018y01m23d_183913055.jpg
シーズン6使用構築をベースにちょいちょいいじってみただけなので変更点を重点的に。

1.フライゴン
性格:ようき 特性:ふゆう 持ち物:こだわりスカーフ
努力値:A252 D4 S252 実数値:155-152-100-*-101-167
技構成:逆鱗 地震 岩雪崩 とんぼがえり

スカーフ型への回帰。理由はだいたいアーゴヨンとかそういうやつ。
またこのシーズンはリザードンがシングル使用率3位と多く見られ、そこに強く出やすいスカーフ型が理にかなっていると考えた。
対面でとんぼ返りを使うことでだいたいセットで見られるカバルドンにレヒレやジャローダを合わせる対面操作や、耐性から炎技に後出しができる点で独特のものがあり、リザードンの多い環境でのスカーフフライゴンはもっと評価を受けてもいいポケモンだと思う。
これだけ書いておけば○○でよくねとか言われないだろう

2.ドータクン
性格:なまいき 特性:ふゆう 持ち物:ウイのみ
努力値:H236 A20 D252 実数値:172-112-136-*-184-34
技構成:ジャイロボール 地震 ステルスロック どくどく

前回と同じ。
最大の役割対象であるテテフへの後出し回数を稼ぐためのHD振りで不意のカプZもリカバーできる混乱実持ち。
HDなので半端な特殊ポケモンには毒撒いて粘ることも可能。

3.ミミロップ
性格:ようき 特性:じゅうなん(きもったま) 持ち物:ミミロップナイト
努力値:H4 A252 S252 実数値:141-128-104-*-116-172(メガ時141-188-114-*-116-205)
技構成:おんがえし 飛び膝蹴り みがわり ねこだまし

前回と同じ。
個人的には技構成もこれで完成されてると思う。

4.ジャローダ
性格:おくびょう 特性:あまのじゃく 持ち物:ノーマルZ
努力値:H4 B4 C240 D12 S248 実数値:151-*-116-125-117-180
技構成:リーフストーム めざめるパワー炎 はかいこうせん ちょうはつ

前回と同じ。
サイクル系構築や受けループへの崩し担当。
最初全然選出できなくてよっぽど他のに代えようかと思ったがしっくりくるものがなく、と思っていたら終盤めっちゃ活躍した。
相手の不意を打つノーマルZは強い。

5.カプ・レヒレ
性格:ひかえめ 特性:ミストメイカー 持ち物:こだわりメガネ
努力値:H236 B4 C244 D4 S20 実数値:175-*-136-160-151-108
技構成:なみのり ムーンフォース 冷凍ビーム くさむすび

前回のドヒドイデから変更。
前回構築の欠陥としてやたら呼ぶカバルドンのあくびループを抜ける手段に乏しく、またドヒドイデだと上から地震を打たれてしまいという点があったため状態異常を防げ露骨にカバに強いこいつを採用した。
メガネムーンフォースの火力はコケコやアーゴヨンが乱1程度。
冷凍ビームは草タイプへの交換読みとアーゴヨン対面での確殺、草結びは正直ラグピンポに近いがレヒレは最高乱数を連続で引かれない限り特化メガラグの雨滝登り+地震を耐えるため、反撃で落ちると思わない相手を落とせるのは対雨において大きな意味があった。
ハイドロポンプが欲しい場面は多かったがみがまもカグヤの上から連打するケースも多く波乗りは切れなかった。

6.ウインディ
性格:ずぶとい 特性:いかく 持ち物:ゴツゴツメット
努力値:H252 B252 S4 実数値:197-*-145-120-100-116
技構成:火炎放射 鬼火 竜の波動 朝の日差し

前回のリザYから変更。
実は前回リザードンの選出機会が非常に少なく(というかミミロップを出したい場合が多すぎた)、非メガ枠の炎かつドヒドイデの解雇により相手ミミッキュが重くなったことで白羽の矢が立った。
当初はミミッキュや他鋼タイプあたりに頑張ってくれればよしと考えていたが最終的にはマンダにもバシャにも果てはギャラにすら物理全般にガンガン投げてた。
バシャの雷パンチ所持率を考えるとレヒレよりもよっぽど安定する。
前回苦労したクチート軸相手に全く心配いらなくなったのも大きい。
技構成は弄る余地はないと思う、竜波かめざ氷はないと身代わりマンダに何もできないので。


重い相手
メガフシギバナ 誰も弱点すら突けない、等倍でゴリ押すしかない(先発以外ならレヒレの冷ビで大きく削れるのだが)
サンダー 耐久型だとドータクンで毒を入れるしかない、ドータクン自体が呼びこんでくれるのがまだ救い
メガゲンガー入り受けループ ジャローダがキャッチされた瞬間ゲームが終わる、ステロでゲンガーを削りつつ鬼の釣り交換を繰り返すしかない
オニゴーリ ジャローダの挑発を絡めてなんとかしたいのだが要所で必要箇所を上げてくるクソオブクソ

それと立ち回りで苦しかった点としては
・レヒレのフィールドのせいで逆鱗が撃てない
・レヒレのフィールドのせいで毒が打てない
・レヒレのフィールドのせいで鬼火が打てない(でも実際はランドやギャラ読みでめっちゃ打った)

・・・レヒレ噛み合ってなくないかこれ、いやフィールドが役に立つケースも滅茶苦茶多かったんだけど

あとQRチーム貼ろうと思ったけどミミロップがメインウエポン恩返しなので産廃ということに気付いてやめました。
来期は2100狙える構築を組みたいですね。

シーズン6使用構築(最高2039、最終16xx)

もうすぐウルトラサンムーンの発売ですね、というわけでサンムーン環境でのバトルも終わりとなります。
そういうわけでなんとか結果は残したいところだったのですが・・・最高が2000超えたのはまあよいとして終わりがね・・・
_20171112_145807.jpg
まあでも最後ですしシーズン3以来の2000は確かなんで記録には残します。

以下構築
4469b594b50e7d9f02abe746fe740afd.png

1.フライゴン
性格:ようき 特性:ふゆう 持ち物:ドラゴンZ
努力値:A252 D4 S252 実数値:155-152-100-*-101-167
技構成:逆鱗 地震 竜の舞 とんぼがえり

竜舞フライゴンの中で最も単体性能が高いと感じている竜Z型。
霊獣ランドロスなんかは起点。
PGLデータを参照すると半分以上のフライゴンはスカーフであり、舞えるタイミングまではスカーフを誤認させるプレイングも重要だと感じた。
1回舞ったからと言って全抜きに固執せず、とんぼ返りも絡めた柔軟な立ち回りが大切。
過半数スカーフなのに突っ張ってくるゲンガーコケコとか何考えてんだ

2.ドータクン
性格:なまいき 特性:ふゆう 持ち物:ウイのみ
努力値:H236 A20 D252 実数値:172-112-136-*-184-34
技構成:ジャイロボール 地震 ステルスロック どくどく

舞フライゴンの決定力補佐やサイクル戦用にステロ持ちドータクン。
有利なポケモンにはとことん有利なので先発で無理矢理とかではなく、サイクルの流れの中で撒く動きが適していると感じた。
主にカプ・テテフへの後投げ回数の確保のためHD振りとし、不意のカプZにもウイのみでリカバーできるようHPは4nとしてある。
ただB方面は脆く、役割対象であったはずのメガメタグロスに打ち負ける等の弊害も見られた 。

3.ミミロップ
性格:ようき 特性:じゅうなん(きもったま) 持ち物:ミミロップナイト
努力値:H4 A252 S252 実数値:141-128-104-*-116-172(メガ時141-188-114-*-116-205)
技構成:おんがえし 飛び膝蹴り みがわり ねこだまし

1fb012cc.jpg
物理受けには弱いがメガゲンガーやカプ・コケコの上をとる速さから動ける一貫性の高いポケモン。
そいつらを対面で倒せる猫+恩返し、最大火力の膝、対ガルドで優位に立つための身代わりで確定。
打点も0なのに延々粘ろうとする身代わりガルドが不快すぎるので全PPは増やしておこう。

4.ジャローダ
性格:おくびょう 特性:あまのじゃく 持ち物:ノーマルZ
努力値:H4 B4 C240 D12 S248 実数値:151-*-116-125-117-180
技構成:リーフストーム めざめるパワー炎 はかいこうせん ちょうはつ

前述のミミロップが物理受けでどうしても止まるため、それを起点に自然に全抜きも狙えるこいつを採用。
攻撃範囲を最も広く取れそうなめざ炎+ノーマルZを持たせた。
挑発は形だけでも受けル対策として。

5.ドヒドイデ
性格:ひかえめ 特性:さいせいりょく 持ち物:こだわりメガネ
努力値:H252 B4 C248 D4 実数値:157-*-173-114-163-55
技構成:ねっとう ヘドロ爆弾 冷凍ビーム めざめるパワー炎

以前HB振りヘドロ持ちを採用した際、サイクルの一員として優秀だが相手にかける負担が弱く、普通の構築に入れては他のポケモンが先に倒れやすく、また交換読み行動もとられやすいと感じた。
そこで相手の交換先に強引に負担をかけ、かつ甘えた行動を許さないこだわりメガネで採用した。
すると目の前で剣舞を舞いだすメガバシャが即死し、繰り出されたカプコケコが出落ちするなど、タイプ相性を知らないかのような相手の行動を咎めることができた。
ちなみにH252だけでA200一致地震までは耐えます。

6.リザードン
性格:おくびょう 特性:もうか(ひでり) 持ち物:リザードナイトY
努力値:C252 D4 S252 実数値:153-*-98-161-106-167(メガ時153-*-98-211-136-167)
技構成:大文字 ソーラービーム めざめるパワー氷 ニトロチャージ

普通に強いんですが変えるとしたらこの枠かなという感想もある。
具体的に言うとニトロチャージからなんて試合はほとんどなく、耐久に振ったリザードンのほうが出しやすいんじゃないかと。
それとクチートに明確に強いのはこいつくらいだが少し削れると不意打ち圏内に入ってしまうのでそのあたりが弱かったかなと。


ミミロップが止まる物理受け相手にジャローダ、という立ち回りが基本線でしたが相手にゲンガーやヒードランがいるとジャローダではどうしようもなく、そいつらを倒せるフライゴンやミミロップの攻撃は物理受けに吸われてしまうのでドータクンに頑張ってもらうしかありませんでした。

ただ流石に終盤負けすぎたのでもっと原因を追いたいと思います。

・・・・・・




世界チャンピオンは偉大、ソシャゲは悪い文化。

ウルトラサンムーンでも頑張ります。

第1回讃岐オフ使用構築

今回は私が主催したオフである讃岐オフでの構築になります。
運営だけに徹しようかと迷ってましたが人数調整も兼ねて参加することに。

結果は6-2でエグゼイドブロックを2位通過からのトナメ1落ちでベスト8ということになりました。
シーズン5の最終レートは1840と誇れるものではないですが主催で構築記事書かないのもなんだかなって感じなので。

以下構築になります

2017y09m13d_203259257.jpg

1.フライゴン
性格:ようき 特性:ふゆう 持ち物:ジメンZ
努力値:A252 D4 S252 実数値:155-152-100-*-101-167
技構成:逆鱗 地震 竜の舞 とんぼがえり

使いたかったので舞フライゴンからスタート。
相手ギルガルドにゴーストZ打たれると一体持って行かれる構築なので上から1発で落とせるジメンZ。
皮を剥がしてればミミッキュも基本的には落とせる。
竜舞ととんぼはアンチシナジーにも見えるが両立させていればかなり立ち回りに幅が出ると感じた。

2.ドータクン
性格:なまいき 特性:ふゆう 持ち物:ウイのみ
努力値:H236 A20 D252 実数値:172-112-136-*-184-34
技構成:ジャイロボール 地震 ステルスロック どくどく

舞フライゴンの決定力補佐やサイクル戦用にステロ持ちドータクン。
有利なポケモンにはとことん有利なので先発で無理矢理とかではなく、サイクルの流れの中で撒く動きが適していると感じた。
主にカプ・テテフへの後投げ回数の確保のためHD振りとし、不意のカプZにもウイのみでリカバーできるようHPは4nとしてある。
ただB方面は脆く、役割対象であったはずのメガメタグロスに打ち負ける等の弊害も見られた

3.カプ・コケコ
性格:おくびょう 特性:エレキメイカー 持ち物:こだわりメガネ
努力値:B4 C252 S252 実数値:145-*-106-147-95-200
技構成:10万ボルト ボルトチェンジ 草結び めざめるパワー氷

特にいうこともないコケコ。
積極的な交換読みから地面無効枠を潰したいが実際できるかは難しいところ。
ボルチェンの通る構築相手にはべらぼうに強い。

4.ゲッコウガ
性格:おくびょう 特性:へんげんじざい 持ち物:クサZ
努力値:H12 C248 S248 実数値:149-*-87-154-91-190
技構成:神通力 冷凍ビーム 草結び めざめるパワー炎

重いポケモンへの補完性能を無理矢理持たせたゲッコウガ。そういう技構成してるだろ?
バナやドヒデ入りのサイクルパに負けないよう神通力装備。
実際1900帯の戦いでもこいつで抜群取ってるだけで3タテもまれにあったり。
ただ上手い人はレヒレへのクサZなんかもしっかり透かしてくるのでさすがだなと。
王冠使えはNGワード

5.マリルリ
性格:いじっぱり 特性:ちからもち 持ち物:こだわりハチマキ
努力値:H92 A236 B4 D4 S172 実数値:187-110-101-*-101-92
技構成:じゃれつく 滝登り 馬鹿力 アクアジェット

主にバシャーモ、リザX等に対して。
抜きたい範囲を増やし過ぎてS過剰気味で耐久が犠牲になっているがそれでも陽気メガマンダの捨て身くらいは耐える。
6世代では叩き持ちをよく使っていたがZ持ちが増えたため馬鹿力に、多くのポリ2を葬ってくれた(乱数68.8%)

6.リザードン
性格:わんぱく 特性:もうか(かたいツメ) 持ち物:リザードナイトX
努力値:H172 B108 S228 実数値:175-104-123-*-105-149(175-150-159-*-105-149)
技構成:ニトロチャージ ドラゴンクロー 鬼火 羽休め

鬼羽リザX、6世代によくいたやつのSを準速ミミッキュ抜きまで上げたやつ。
ゲッコウガがいるので初手コケコを呼びやすく、リザードンと初手対面した相手はボルチェンから霊ランド等で受けようとするのでそこに鬼火を合わせる動きが非常に刺さった。
予選ブロックではこいつで1対3の状態からひっくり返したりした。


重い構築
雨パ 滅茶苦茶頑張って読みを通せば勝てなくもない

無理な構築
イーブイバトン 阻害する手段がないので急所しかない

構築上リザードンがXと分かりやすかったのかそれ前提で動かれることが多く、リザの強みを生かしきれてないと感じた。
次は事実上サンムーン最終シーズンとなるので何とか結果を残したいです。
次のページ

FC2Ad