通りすがりのポケモントレーナーだ、覚えなくていい

リアルポケモンリーグでジムリーダーやってたポケモントレーナーのブログ。 ポケモンやら他のことについてつらつらと並べていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NMT杯5月分振り返り

長かった大会もこれで終わりです。
最後の結果やいかに。

10パートナーズ
フライゴンドータクンギルガルドゲンガーヌオー
サーナイトファイアローマリルリジャローダライボルト

前回と変更なしです。


準決勝対飛沫さん
10パートナーズ
アブソル 化身ボルトロス ニンフィア ゲンガー 霊獣ランドロス
カイリュー バシャーモ ジャローダ スイクン ポリゴン2

実際の試合内容


1戦目
自由枠フシギバナがドンピシャで刺さった試合。
唯一厳しかったカイリューもフライゴンでマルスケ剥がしつつ処理できた。

2戦目
身代わりバトンバシャは想定の外だった。
正直ランドがドータに地震打った時点でこれはヤバいと思った。
(特性確認さえできれば勝てると相手が判断したと思われたため)

3戦目
HDアローは刺さってはいた、刺さってはいたんだ・・・。
クチートの岩雪崩は完全に読めなかった。
感想戦によると2戦とも見せ合いにアローがいたため急遽装備させたらしい。
ただ一応最後まで勝ち筋はあったのかもしれないがそこに至れなかった。

※最後のノオーポリ2対面でのトラアタのダメージが52で残り30、宿木の種を選んでいれば回復量23(ポリ2のHP191想定)でギリギリもう1回行動できる?ただし実数を聞いていないため仮定でしかないが最初のトラアタが相当な低乱数だったと思われるため現実的には厳しいか。
※HPが32残るのであれば吹雪でなくウッドハンマーを選ぶべきであった?(ノオーは勇敢個体であった)

もっともどちらののケースも結果論でありあの時は宿木では間に合わないだろうしウドハンなら反動が持たないと判断したので仕方がない。
ただ何が悔しいかというとDLポリ2はHCぶっぱであるとの想定で動いているが実は最初のアローのダメージでそうではないと気づける人なら気づいていたということ。
いい加減ダメージ計算覚えようかな・・・。


3位決定戦対キツネさん
10パートナーズ
ゲンガー クレセリア 霊獣ランドロス ポリゴン2 ギルガルド 
ガルーラ バシャーモ 化身ボルトロス スイクン ニンフィア

実際の試合内容


1戦目
アローがゲンガーの急所に当てていなければ礫圏内に入らず負けていた、だいたい運勝ち。
ただ重力後にヌオーがすぐ地震でポリ2を落としに行ったのが疑問手。
即メガゲンガー投げを嫌ったものだが相手もそんなリスキーな真似するはずもなく再生連打でターンを稼ぐ方向でよかったはず。

2戦目
特に見せ場もなく負け。
耐久振ってるリザXは無理ですねはい。
6体見せ合い時点で苦しかった。

3戦目
初手でオーロットを落とした段階で相当優位に立てていた。
あのままマリルリでいけるかと思ったが放電麻痺で怪しくなり、ファイアローまで麻痺した時は正直どっかで2連痺れ引いて負けるんだろうなーって思ってた。
コメントではいい試合連呼されてるけどやってる本人は気が気じゃない展開だよこれ。

3決に関しては1戦目の急所と3戦目の自覚を見せてくれたアローがMVP。
やっぱHDアローって神だわ。


こうしておよそ10か月にも及んだNMT杯の結果は第3位ということになりました。
こういった長期のリーグ戦は初めての経験で毎週パーティをひねり出すのは大変な時もありましたがそれも含めて楽しかったです。
優勝されたくろもちさんおめでとうございます。

他の参加者の方々とは大会中の対戦だけでなく、真皇杯関連のオフ等でも何名かは実際にお会いしてお話しする機会もあり、自分にとってとても有意義な大会でした。
というかこの大会無かったら真皇杯後ポケモンのガチ対戦続けてたか若干怪しいかもしれない

この大会を通じて対戦してくださったみなさん、何らかの形で応援してくださったみなさん、特に主催でありお誘いいただいたELEZYさんにはこの場を借りてですがお礼を言いたいと思います、本当にありがとうございました!
また皆さんとは対戦する機会もあると思いますがそのときはよろしくお願いします。
スポンサーサイト

NMT杯4月分振り返り

前記事のとおりレギュラーシーズンは終了しましたのでここからポストシーズンの戦いとなります。
もうここからは勝つだけですね。

敗者復活トーナメント10パートナーズ
フライゴンドータクンギルガルドゲンガーヌオー
ゲッコウガサーナイトファイアローマリルリジャローダ

ナットレイoutのジャローダin。
正直流行に乗ってみた感じ。余談ですが4月時にジャローダを加えたのが俺含めて4人いました。

敗者復活トーナメント
(自分の試合は7:14~ と19:18~より)


1戦目対緑なDさん
自由枠ガッサ見て催眠対策ねえよどうすんのってなってた試合。
おまけにカメックスが痺れでマンダ突破できなかったときはほぼ終わりかと思ったがゲンガーがマンダを抜いていた点とヘド爆1発で毒を引いてくれた点で助かった。
というかポリ2重いんだから気合玉搭載させてろよ・・・。

2戦目対チャックさん
どうしてしんてにーにファンがついてるんですかね・・・。(困惑)あいつ意外と自覚ないぞ
ジャローダさえ突破すればしんてにーがよく刺さってそうだったのでそれに強い形で選出した。
とにかくジャローダを早期に突破したかったので最初の毒外しは本当に痛かったが終盤の鬼火回避は大きかったのでトントンかなと。

こうして敗者復活トーナメントをなんとか突破しクライマックスシリーズに進んだのでした。


CS準々決勝10パートナーズ
フライゴンドータクンギルガルドゲンガーヌオー
サーナイトファイアローマリルリジャローダライボルト

ゲッコウガoutのライボルトin。
この時点で次の相手がれいぜるさんというのが分かっていたので刺さりがよく感じたライボルトをチョイス。
このころのレートパでもライボルトを採用していて使い勝手がよかったのも理由ですね。


準々決勝対れいぜるさん
10パートナーズ
ガルーラ ゲンガー ファイアロー ギルガルド キノガッサ 
リザードン ガブリアス 化身ボルトロス 霊獣ランドロス スイクン

実際の試合内容


1戦目
フライゴンが強かった。
地味にマリルリが1回怯ませてくれたおかげでナンスを最低限の犠牲で突破できたのも大きかったかな。

2戦目
ポリ2とゴツメアローを突破できず。
その2体に一貫しそうなポケモンがこちらにおらず苦しい立ち回りになった。
毎回ポリ2が出ると苦しんでる気がする。

3戦目
終盤まで苦しかった試合。
チョッキドータクンの耐久面での優秀さがよく現れていたと思う。
とはいえランドロスを急所で突破していなければまだわからなかったので最後に運が向いてくれたかなと。


というわけでなんとか勝利し次は準決勝です。長かった戦いもいよいよ大詰めですね。
残り最大でも2試合となりましたがこれからもよろしくお願いします。

NMT杯3月分振り返り

長かったNMT杯のリーグ戦もこれで終わりです、せっかくなのでより良い形で終わりたいところですがはてさて。

3月の10パートナーズ
フライゴンドータクンギルガルドゲンガーナットレイ
ヌオーゲッコウガサーナイトファイアローマリルリ

ギャラoutのマリルリin。
正直ギャラの選出機会がえらい減っていたと感じていたので。

第22戦対tktさん
10パートナーズ
ファイアロー ガルーラ ゲンガー バンギラス 霊獣ボルトロス 
マリルリ ギルガルド ガブリアス メタモン ゲッコウガ

実際の試合内容(0:12より)


ミミロップが非常によく刺さっていた試合。
今回相手は身代わりを貼ったミミロップを砂ダメで落としに来たが、一番怖かったのが膝が外れるまでギルガルドにみがまもされることだった。
実際それをされると確率的には相当怪しい勝負になるので助かったのかなと。


第23戦対サミダレさん
10パートナーズ
サンダー ハッサム ガブリアス ガルーラ ヒードラン 
マリルリ ポリゴン2 霊獣ランドロス ラティオス ファイアロー

実際の試合内容(8:34より)


戦 犯 バ シ ャ ー モ
でも実際それで即負けじゃなくてオバヒ外した後もハッサムの羽休めターンにヌオー引っ込めて毒ターンリセットしていけばまだ粘れたんですがいつ引っ込めても読まれそうな感じがしてできませんでした。
なんで劣勢の状態でチキるのか。
ただそれやるとターン数がハッサムの羽休めPP切らすまでやらなきゃなので動画的にはそれくらいでよかったのかなと()


第24戦対ハガネさん
10パートナーズ
クロバット ゲンガー フシギバナ  ヒートロトム マニューラ 
スピアー チルタリス ラグラージ ドラミドロ マリルリ

実際の試合内容(0:13より)


気持ちいいくらいにサーナイトが立ち回ってくれた。
フライゴンとナットレイでサポートしつつ一貫性を作っていけたと思います。
強いて言うなら新規育成した自由枠フーディンを使ってみたかったかな。


第25戦 対くろもちさん
10パートナーズ
ガブリアス キノガッサ スイクン ガルーラ ゲンガー 
化身ボルトロス ギルガルド バンギラス クレセリア ヒードラン

実際の試合内容(11:02より)


いやあそれにしてもガチゴラスすごかったですね(現実逃避)
メガヘラが刺さりすぎてて笑えないレベルだった。聞いてないよあいつは。
ただ種ガンを切った技構成だったようなので対面でマリルリが腹太鼓というスーパーヤクザプレイを通せば勝ちもあったがそんなもん結果論以外で分かるわけもなく、といったところ。


結果としてはこの月は2勝2敗でね、はい、最終戦前までは2位をキープしていたんですが最終戦の結果4位に落ちてしまうという体たらく振りでした。
応援してくださった方には本当に申し訳ありません。やっぱり 戦 犯 バ シ ャ ー モ
しかし動画の最後にもあったようにまだ敗者復活トーナメントというチャンスが残っています。
このままというのは非常に悔しいのでなんとか勝ち上がりたいと思います。
びぶおふ!でもじゃんけんでの予選抜けから真皇杯本戦まで上がれたので追い込まれた時には頑張れると信じています。

NMT杯2月分振り返り

交流戦の優勝決定戦とリーグ戦のラスト一巡の始まりです、ここまでリーグ内2位で来ているのでなんとか死守してクライマックスシリーズに臨みたいですね。

2月の10パートナーズ
フライゴンドータクンギルガルドギャラドスゲンガー
ナットレイヌオーゲッコウガサーナイトファイアロー

前月と変更なし、下手に勝ってると変えるのって怖いよね(甘えの発想)

交流戦優勝決定1on1

くろもちさん10パートナーズ
ガブリアス キノガッサ スイクン ガルーラ ゲッコウガ 
バシャーモ ゲンガー 化身ボルトロス ギルガルド バンギラス

afouさん10パートナーズ
ゲンガー バシャーモ ガルーラ ニンフィア バンギラス 
化身ボルトロス ギルガルド ファイアロー ガブリアス ポリゴン2

実際の試合内容


対くろもちさん戦の採用個体と採用理由
ゲンガー臆病CSぶっぱ@きあいのタスキ 祟り目 催眠術 気合玉 凍える風
襷催眠ゲンガーなら何が来ても6割以上で勝てるだろ(即起き、当てた後の技外し等考慮するともっと低い)
というか書き切れないくらいいろいろ考えたがマジでそれ以上に勝率を取れる方法が思いつかなかった。
実際のところ1on1においてまでラムのような相手依存の持ち物は持たせにくいと感じ、催眠術自体の刺さりはよいはずであるとは思っていましたし、催眠さえ刺してしまえば大半が祟り目か気合玉で倒せるところにありそうなのが採用理由でした。
実際は襷ガルドが相手で催眠を当て、かつ即起きされないことが勝利条件でしたが祈りが通じで勝利できました。(これ実際の勝率5割より下だよな)

対afouさん戦の採用個体と採用理由
フライゴン意地っ張りHAD調整@とつげきチョッキ 逆鱗 地震 岩石封じ 地割れ
まずこの手のルールで一番警戒すべきはガルーラだと思いますが、今回はあえてそれを切ることから入りました。
まずこちらのパートナーズで警戒すべきは第一にゲンガー、ゲッコウガ、時点でファイアローあたりになり、ガルーラではそれらに対して絶対安定とはならないと考えました。
前述の襷ゲンガーの採用も考えましたが、ポリゴン2相手には命中不安技を連発することになるためさすがにそこまで連続で当てる自信が無く採用を見送りました。
そこでこれも運ではありますがチョッキで試行回数を稼ぎながら地割れを打つ方向の方がまだ分があると感じ、このフライゴンの採用となりました。
ボルトロス相手も混乱さえ乗り越えれば勝てると見ていたのですがまさかスカーフとは・・・これは完敗でした。


第20戦 対れいぜるさん
10パートナーズ
ガルーラ ゲンガー ファイアロー ギルガルド キノガッサ 
ボーマンダ リザードン サンダー ニンフィア カバルドン

実際の試合内容(7:39より)


途中まではほぼ完璧だったけどその後はどう批判されても仕方ないです。
そうヌオーでリザに毒を打ったターン。
あそこでほぼYの可能性はなくなっていた(仮にYであればニトロ積まれた時点でもうどうやっても負けである)
ため、ヌオーがとる行動は地震か自己再生のどちらかしかなかった。
まだ混乱ワンチャンは残りましたがこんなミスしてる奴に勝利の女神なんてこねーわ。


第21戦 対緑なDさん
10パートナーズ
ジバコイル バンギラス マリルリ ゲンガー ファイアロー 
ローブシン グライオン ギャラドス ガブリアス ポリゴン2

実際の試合内容(8:30より)


フライゴンで電磁波を透かした後の連続での電磁波がお見事でした。
変幻自在トレースにて電気タイプとなった以上2連地震を受けきれないためそれは来ないと思ったのですが・・・。
上手く択を通されてしまいました。
これは相手を褒めるしかありません。


2月は全部負けてるけどまだ2位だし(震え声)
残り4試合で5位までが1.5ゲーム差の中にいるとかいうアホみたいな混戦。
どうにせよ次月の振り返りの際には全てが決まっていますね。
精いっぱい頑張ります。

NMT杯1月分振り返り

交流戦の後半戦。

1月の10パートナーズ
フライゴンドータクンギルガルドギャラドスゲンガー
ナットレイヌオーゲッコウガサーナイトファイアロー

バシャーモout、ファイアローin。
相手バシャがだるかったのでその改善・・・だったと思う。

第16戦 対@コさん
10パートナーズ
ガルーラ 化身ボルトロス  ギルガルド ゲンガー マリルリ
ポリゴン2  バシャーモ ボーマンダ ナットレイ ガブリアス

実際の試合内容(14:18より)


初手の襷ゲンガーミラーでふいうちを入れてうまくやったように見えますが実は相手もふいうち持ちでした()
ただの同速勝ちです。
この同速勝ちを生かしてアローが積むことができたのが勝負に直結したように思います。
でもナットレイやガルドが相手パートナーズにいるのにフレドラ切ってるアローってどうなのさ俺。


第17戦 対ELEZYさん
10パートナーズ
ファイアロー ニンフィア ギルガルド ガブリアス バシャーモ
スイクン サンダー ゲッコウガ クレセリア ミミロップ

実際の試合内容(9:14より)


長い。とりあえずPPはMAXにしときましょう。
本気で地震のPPは枯渇してました。
そんな中でもフライゴンの流星回避が相当においしかったり、最後はギリギリになってしまいましたが。


第18戦 対チャックさん
10パートナーズ
ヒートロトム ギャラドス ビリジオン グライオン ガブリアス 
ゲンガー ピクシー ブラッキー エンテイ ニンフィア

実際の試合内容(5:09より)


普通に戦ったように見えるが実は自由枠ポリ2見たときには非常にテンパってた。
ポリ2を確2にする攻撃を持ったポケモンがいないためスリップダメージかフライゴンの地割れ(浮遊トレースされるとアウト)
しか突破手段が無く、そのため早期にヘド爆の毒を引けたのは非常に幸運だった。
裏話としてはこの試合ではふいうちゲンガーで使う予定ではなかったが、他にそこまで入れたい技が無かったためそのままにしておいた結果それが生きるという何とも言えないことに。


第19戦 対afouさん
10パートナーズ
ゲンガー バシャーモ ガルーラ ニンフィア バンギラス
化身ボルトロス ギルガルド ファイアロー ローブシン ガブリアス

実際の試合内容(3:58より)


ことごとくメタの点で上をいかれた感のある試合。
特にヨプバンギというのはフライゴンの馬鹿力、ガルドの聖剣、ゲンガーやサナの気合玉といったこちらがバンギへの対応策として思いつきやすいポケモンをほぼ返り討ちにすることが可能であり、非常に理にかなった型であったと今になれば思う。
最後は諸刃で負けるのかな、というのは正直シャドクロのダメージ見た時点でちょっと思ってた。


これで交流戦は一通り終了、6勝1敗と望外の結果が得られましたが、1位タイで俺、くろもちさん、afouさんの3人が並んでしまったために1on1での優勝決定戦がこれから残っています。
こればかりはもう蓋を開けてみるしかないと思いますが。勝利に向けてやれることはやっておきたいと思います。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。