通りすがりのポケモントレーナーだ、覚えなくていい

リアルポケモンリーグでジムリーダーやってたポケモントレーナーのブログ。 ポケモンやら他のことについてつらつらと並べていきます。

スーパーヒーロー大戦Z 感想

見に行ってきました
2013042915180000.jpg

前回のスーパーヒーロー大戦があまりにアレだったのでハードルが低くなっていたかもしれませんが今回は軸となるヒーローを絞った分割とまとまったストーリーになっていたと思います。

しかしこういう映画だと本当に凱は便利屋ですねw
ブチギレた感じの低音での「ゴーカイチェンジ・・・!」は糞かっこよかった
企画時期を考えるとキョウリュウの扱いはしゃーない

やっぱり歴代のヒーローが名乗りながら出てくると興奮しますね。
今回は全ヒーローとはいきませんでしたが色々な面で厳しいですしね。
キョーダインにも改心フラグは立った・・・のかな?

まんま前回のオーズキーの焼き直しなメタルヒーローキーの扱いとかラストのいつ手に入れたんだよ的な指輪とか明らかに合ってないようなオーズの声とか突っ込みどころはまだ多々ありますが個人的には楽しめました。

あといい年してさそり男にマジでビビッてすんませんでした。


次はキカイダーリメイクっすかそうですか。

2013 インターナショナルチャレンジ April 結果

初の2ケタ順位だヒャッハー

2013y04m25d_204411712.jpg

2013042111420000.jpg

パーティー詳細は省略で。どうせ前回との相違点はヤドキングくらいですが。

ジャパンカップも力の限り頑張ります。

テーマ:ポケットモンスターブラック2・ホワイト2 - ジャンル:ゲーム

4/21九尾杯使用パーティー

またキツネさん主催の九尾杯に参加してきました。
今回は183人規模の大会でなんと全勝の1位で予選通過することができ、本戦ではベスト16に入ることができました。

パーティーはこの6体です(ドヤァ)
2013y04m21d_232013784.jpg

実はレーティングなんかだとまだいまいち結果が出てない感じなんですが今回強者達相手にここまでやれたんだから考え方としては間違ってなかったのかなあと思います。

今度はなんとかベスト4に入ってキツネさんにパーティー6体をつぶやいてもらいたいですねw

詳細は追記で。
続きを読む

フライゴン育成論(2)

前回のフライゴン育成論はこちらから


これまでに紹介したパーティーを見てもらえればわかると思いますが私はASスカーフフライゴンを最も愛用してますし現環境ではこれがおそらく一番使いやすいフライゴンの型だと思っています。

しかし欠点の一つとしては序盤で相手のドラゴンと対面した場合逆鱗が非常に打ちにくく、結局とんぼ返り一択になるということがあります。
(火力より小回りで戦うため、逆鱗ぶっぱは相手後続に一貫することが分かってからでないと起点の恐れがある)
ですので後続に流星ないし逆鱗を受けてもらうポケモンが必要になり、結果選出が縛られてしまいやすくなるんですね。

というわけで逆鱗の枠で打ち逃げ用の流星群を採用してみたい、かといって流星群以外は物理技になるのでCSぶっぱももったいないなと考えてみました。
ドラゴンクローや竜の波動は誰も倒せないので論ずるに値しない

前置きが長くなりましたがこんな感じです。

フライゴン。

性格:むじゃきorせっかち
持ち物:こだわりスカーフ
努力値:A148 C196 S164
技構成:流星群 地震 岩雪崩 とんぼ返り

A調整:耐久無振りライコウを地震で確定1
C調整:耐久無振りラティオスを流星群で高乱数1(93.8%)
S調整:準速ガブリアス+1


Cは多分これがギリギリ最低限のラインでしょうね。
Aの調整対象をライコウにしたのはライコウローブみたいな構築に対して壁を貼られる前に倒してしまいたいため。
Cぶっぱの大地の力が論外になるのはこうした理由になります。
準速スカーフガブや準速1舞ガモスあたりは役割的に倒したいのでSはここまでは確保したい。
最速スカーフサザンや竜舞ノクスを切るのは辛いですがそこまで多いポケモンではないので割り切りましょう。

この手のポケモンは先制技を受ける想定でDを下げるのが定石なんですがフライゴンの場合役割上炎への後出しを考えてBダウンの性格も十分選択肢だと思います。
具体的に言うとD下げた場合交換読みで無補正全振りヒードランの竜の波動が確2から乱1(約30%)になって無補正全振りウルガモスのジュエルさざめきが乱1(約50%)から確1になっちゃうんですよね。
役割対象を考えるとB下げた方がいいかもしれませんね、一応のDL対策にもなりますし。
というわけで性格はとりあえず選択としました。
せっかち推奨ですかね。

ただやりたいこと詰め込み過ぎて器用貧乏が加速した感がありますねこの型・・・。
本音を言うと正直AにもCにもSにももっと振りたいんですが。

ニドクイン育成論

今回はちゃんと育てて使った奴ですよええ。

ニドクイン

特性:力ずく
性格:控え目
持ち物:命の球
努力値:H252 B36 C148 D52 S20
技構成:大地の力 冷凍ビーム 火炎放射 毒びし(この枠はお好みで)

C調整は無振りボルトロスを冷凍ビームで最低乱数以外1
大抵のメタグロスは大地で確1

B方面は陽気カイリューの鉢巻逆鱗最高乱数以外耐え

D方面はC全振り化身ボルトロスのめざパ氷を2耐え

Sは余り

だいたい目安がこんなもんで大概の不一致抜群程度は耐えます
範囲もあるのでそこそこ打ち合いやすいポケモンだと思います
自分は一応目的あって4つ目の枠に毒びしで運用してましたが仮想敵に合わせた何かしらの攻撃技の方が使い勝手はよいはずです。
不意打ち入れたい

タカマツジム76期総括

エイプリルフール用の記事でも更新しようかと思いましたが読み返した結果がクソすぎたのでやめにしました。

てなわけで今期は6勝5敗でなんとか勝ち越せました
途中5連敗した時は凹みましたがその後まさかの5連勝とはね。

連勝できた要因としてはドリュウズが自覚あったからだと思います。
ドリュウズ

それではまたジムでお会いしましょう。

FC2Ad