通りすがりのポケモントレーナーだ、覚えなくていい

リアルポケモンリーグでジムリーダーやってたポケモントレーナーのブログ。 ポケモンやら他のことについてつらつらと並べていきます。

リアルポケモンリーグ第81期リーグまとめ

今さらタウンですがそういえばブログの方には書いてなかったなあと。
北大阪オフで使う予定のパーティーも使ってたからその後で書こうとは思ってたんですが放置状態に。

結果から言えば8人リーグを6勝1敗で優勝しました。
XYへの移行の関係で当分リーグはお休みですから当分はチャンピオンとしてフライゴンがトップページに乗り続けるよ、やったね!


以下対戦ログ等へのリンクと簡単な感想


1戦目 対アドハさん 勝ち
使用パーティー
対戦ログ
晴れ相手にはこの選出、といいたいところだったけどメノコが火力増強アイテム持ってウェザボ覚えてたら壊滅すると気づいたのは試合始まってから。
幸い大事には至りませんでしたがシャンデラがラフレシア以外に大した仕事が無かったと考えるとカイリキーでもよかったかもしれない。

2戦目 対ブシドーさん 勝ち
使用パーティー
対戦ログ 
ヤミラミはいつも相手にして困るポケモンですが今回は眼鏡エンペの一撃で飛ばせたので戦いやすくなった。
逆鱗の一貫が取りやすかったのも救いか。

3戦目 対わたさん 負け
使用パーティー
対戦ログ
マリルリ重たい・・・
反省点としては最初のトドンとマリルリ対面時で熱湯では無くどくどくを選ぶべきでしたね。
特攻が上がったのと火傷してくれたら爆アドだなあで熱湯選択しましたがよくなかったです。
終盤シャンデラとマリルリでアクジェ読みで交換して冷凍Pもらったのは後悔してません、今後同じ状況が何度来ても同じことをするでしょう。
よほどの劣勢で素直に動き続けたら勝てない時以外はそんなギャンブルめいたことはしたくないです。
まあトドンが有効なツメ発動してなかったらもっと早期にやられてたんですがねw

4戦目 対かいわれさん 勝ち
使用パーティー ※シャンデラはラムみがわり型、ブルンゲルは残飯溶ける型、キノガッサはテクニシャンにそれぞれ変更
対戦ログ
よくもまあBW1の時の構築なんて引っ張り出してきたもんだ。
相手がシャンデラの処理をヒードランに一任してきたためめざ格が非常に刺さった試合となりました。
ちなみにこちらのラス1はマニューラでした。

5戦目 対RKOさん 勝ち
使用パーティー ※モロバレルをユキノオーに変更
対戦ログ
ドータクンを起点にしに来たのがウルガモスでなくコバルオンだったのが助かった。
コバルオンだったのでログの通りスカーフフライゴンで処理できステロもウルガモスに刺さる展開になったが、ウルガモスに蝶舞を積まれた場合は岩雪崩の命中90の勝負になりともすれば同速の可能性もあったため勝負にあやが残るところだった。

6戦目 対なぎささん 勝ち
使用パーティー
対戦ログ
見ての通りです。
急所で発狂しそうになって回避で歓喜しました。
相手の方が低確率引いてるんだから許されるよね。

7戦目 対サユウムさん 勝ち
使用パーティー
対戦ログ
ユキノオーとドータクンで相手の消耗をうまく誘えた試合。
特にやどみがノオーの良さが序盤は出せていた。
フライゴンがマンダに対してとんぼを打った場面は深読みの悪手に見えるがあそこで逆鱗を打った場合ロトムを捨てられてメタグロスに逆鱗を耐えられるとマンダの大文字を防ぐ術がなくなり負けるためあれが正解だと思う。
岩雪崩圏内にマンダを入れさえすれば逆鱗を打つ必要が無くなり上記の懸念は払拭されますからね(ただし命中90)
ラストをフライゴンの逆鱗でタテる形になったのはちょっとしたご褒美みたいなもんですかね。


というわけで第5世代最後のチャンピオンとして堂々とXYを迎えられることになりました。
リアポケでのバトルは楽しいよ、ログ残るから下手な立ち回りもできないし、XYではみんなもぜひ参加しようぜ!

サイコー

仮面ライダーウィザード51話感想

あと2話特別編が残ってますがストーリー的には最終回ということで。

最終回としては自分は大好きです。
これまでの展開への不満は目を瞑るとして

コヨミの死を受け入れてかつコヨミの願いのために戦う晴人の姿にこのライダーのテーマは現在を受け入れて前に進むこと、これであることが再認識させられました。
過去にこだわるあまりコヨミの再生のため暴走してしまった笛木との対比でもありますね。

3人のメイジにもしっかり出番とその後があったのはよかったです。

最終話にして初めてパンチを使用したことや基本フォームでのとどめといった展開はいい演出だと思いました。

最後に主人公がバイクでいずれともなく去っていくのはちょっと昔のライダーを思い起こさせますね。



まあそのへんも予告に持って行かれた部分はあるんですが。

ディケイドのせい

第9回北大阪オフ簡易対戦ログ

こちらの6体は前回記事参照

1戦目 対二島さん
サンダー ウルガモス ランドロス霊獣 スイクン ローブシン イノムー
(ウルガモス スイクン ローブシン)
こちら選出 ドータクン フライゴン ユキノオー

先発をスカーフランドロスorステロ撒きイノムーと読んだがガモスが出てきていきなりの不利対面。
フライゴンへの交換際に蝶舞を積まれるが上からの岩雪崩で倒すことに成功し後続が動きやすくなる。
スイクンが出てきたのでノオーに交換、やどりぎ打つとブシンが出てくる。
ドータでドレP受けてサイキネ打つとスイクンが出てくる。
ここで安易にノオーは釣り出しが怖かったので安全策でフライゴンを投げると案の定釣り出しでブシン。
逆鱗でブシンを削り、ドータクンで落とすことに成功。
ここで相手はスイクンのみとなるが、ドータクンで削れるだけ削ろうとしたのが判断ミス。
瞑想を3回積まれてから落とされてしまう。
相当にCを振ったスイクンらしく冷Bで6割近いダメージを受け、ギガドレでも倒しきれず次の冷Bを耐えるかが微妙なラインに。
しかし最後のターンでスイクンは瞑想、ギガドレで倒して勝利。
相手の方は残飯ノオーなので守るで冷B圏外にしてくると思い積んだとのこと。
薄氷の勝利でした。
1-0

第2戦 対vanさん
ボルトロス化身 キノガッサ ウルガモス ラティオス メタグロス スイクン
(キノガッサ ウルガモス ラティオス)
こちら選出 フライゴン シャンデラ ユキノオー

初手はフライゴン対ガッサ
トンボからシャンデラに繋ぎ胞子をラムで防ぎシャドボで落とす。
ウルガモスが出てきたのでおそらくめざ地持ち、最速の可能性は低いのでフライゴンを出す。案の定舞われる。
岩雪崩を打つが警戒されたのかラティオスに引いてくる。
捨てる気でシャンデラを出すとトリックで眼鏡をもらい、流星群をよけてシャドボで落とす。
ガモスはもう舞うしかないのでフライゴンを出し、岩雪崩を当てて勝ち。
2-0

第3戦 対せつないさん
ボルトロス化身 ハッサム カイリュー キノガッサ マンムー クレセリア
(ボルトロス化身 ハッサム カイリュー)
こちら選出 フライゴン ドータクン シャンデラ

フライゴンとボルトロスの初手。
とりあえずとんぼからドータクン出すとめざ氷、またフライゴンに戻すとボルチェン。
もう1回とんぼ打つとハッサムが出てきたのでシャンデラに交代、火炎放射を使うとカイリューが出てくる。
ここでドータクンを投げるとハッサムを合わされ、とんぼで半分以上食らったので鉢巻が確定。出てきたボルトにめざ氷を当てる。
ここでボルトロスはフライゴン読みでめざ氷を連打するが、こっちはもうドータクン捨てようかと思ってたのでステロ撒いてサイキネ2発で落とすことに成功。
ハッサムのとんぼでドータクン倒れるがステロとゴツメでいい具合に蓄積しカイリューとフライゴン対面。
ここで逆鱗を打つと出てきたハッサムになんとドットで耐えられ、バレパン急所で落とされる最悪の展開。
シャンデラでハッサムを落とすもカイリューが最速で逆鱗で倒され負け。
逆鱗かとんぼの択ゲーで負けたのがすべて。
2-1

第4戦 対ウォッカさん
カバルドン ドリュウズ ウルガモス パルシェン キノガッサ
(キノガッサ ラティオス ウルガモス)
こちら選出 フライゴン ドータクン シャンデラ

またフライゴンとガッサの対面
とんぼからシャンデラを出すと今度はタネマシンガンが飛んできて3発で半分近く削られる。
シャドボでシャンデラを落とすとラティが出てきて竜波でシャンデラが落ちフライゴン。
交換読みでとんぼを打つと突っ張られドータクンに交代。竜波のダメージで眼鏡確定。
竜波とめざ氷打ち合っても倒せなさそうだったのでステロ撒いて捨てることに。
ステロ見たときに相手の方が頭を抱えたので後ろはウルガモス確定(そんなのでいいのか)。
ドータクンが落ちた後フライゴンの逆鱗でラティを落とすとやっぱりウルガモスだったので落として勝利。
3-1

第5戦 対ぜろはちさん
トルネロス化身 ガブリアス ラティオス ボルトロス霊獣 スイクン ローブシン
(ラティオス スイクン ガブリアス)
こちら選出 フライゴン ドータクン ユキノオー

フライゴンとラティ対面から。
安定のとんぼを選ぶと引かなかったのでドータクンを出す。ラティは光の壁、正直これは予想外。
どうせリフレクターも貼るんだろとステロ選択、案の定両壁貼られる。
ここで置き土産が来ると予想、攻撃能力を失っても最悪やどみがで戦えるユキノオーを出すとなんと相手はスイクン交代でおいしい対面ができる。
壁を頼りに瞑想を積んでくるがお構いなしに宿木、身代わりを貼るとラティに引いてくる。
壁ターン消費のために1回身代わりはさんでから吹雪でラティを処理、ガブが出てくる。
ドータクンで逆鱗を受けるとダメージ的に鉢巻、壁も切れたのでめざ氷で落とす。
スイクンは第1戦の反省からさっさとユキノオーに交代しギガドレと冷Bの打ち合いで勝利。
4-1

第6戦 対サイさん
ライコウ ローブシン パルシェン ハッサム ゴチルゼル ラッキー
(ライコウ ローブシン パルシェン)
こちら選出 フライゴン ドータクン シャンデラ

フライゴン対ライコウ対面
普段なら絶対に地震を打つ場面なんですが(しかも後続に一貫している)相手の色ライコウのボールを見落とすというミスを犯しダメ元で相手に聞いてみると「クラウンですよ^^」との答え。
襷クラウンライコウの話は聞いてたので日和ってとんぼを打つ・・・守られる。
ノイコウじゃねーか絶対に許さない(どう考えても俺が悪い)。
改めてとんぼからドータクン出すと身代わり貼られる、地震で身代わり壊してる間に10万急所の上麻痺まで入りドータクンお通夜状態。
10万読みでフライゴン出すと守るで無償降臨は成功。地震がローブシンの急所に入り6割ほどのダメージ・・・このブシン硬くね?
ドータクン捨てからシャンデラ出すとブシンからのゴーストへの打点が冷パンしかないらしく身代わり残すことに成功。
火炎放射で交代で出たライコウにダメージを与え、相手はそこからブシンを捨て、パルシェン登場。
パルがスカーフでロクブラでシャンデラやられオワ。
一縷の望みをかけてフライゴンで岩雪崩連打に入るがライコウ相手に外して毒盛られて守るで粘られ負け。
4-2

第7戦 対プルナレフさん
エモンガ ユキノオー ガブリアス ローブシン メタグロス ギャラドス
(ユキノオー ギャラドス ローブシン)
こちら選出 ロトム水 シャンデラ ドータクン

ロトム対ユキノオー対面、スカーフでない限りは抜けているのでボルチェンからシャンデラに繋ぐ、ノオーはギガドレ。
火炎放射が半減されるギャラはロトム、ガブはドータでそれぞれ対応できるので放射を打つと交代は無くノオーが落ちる。ギャラが出てくる(残飯)。
竜舞際にロトムに交換、ボルチェン打つと身代わりで防がれる、ここで電気技がボルチェンしかないのが響く。
シャンデラ出して身代わり読みでシャドボ選ぶと滝登りで落とされる。ロトム出す。
ボルチェンをまた身代わりで止められドータを出す。
滝登り急所でドータが大ダメージ、サイキネ打ってからゴツメで相打ちにする。
相手の最後はローブシン。ハイポン当てて相手残り4割、アムハンをくらい残り赤からオボンで回復。
次のターン、ブシン爪ごっご
俺「うわああああああああああああ」
相手「うわあああああああああああ」
ブシンはマッパでロトムが残りHP1で耐える
俺「うわあああああああああああああああああ」
相手「うわあああああああああああああああああ」
ハイポン当ててくれて勝ち。
5-2

第8戦 対そーたさん
カバルドン ドリュウズ ラティオス ウルガモス パルシェン キノガッサ
(ラティオス ウルガモス キノガッサ)
こちら選出 フライゴン ドータクン シャンデラ

5-2同士で勝った方が予選勝ち上がりという試合。
先発はフライゴン対ラティオス
とんぼ返りを選ぶとラティに先に動かれ竜波でフライゴンが落ちる。
対戦ありがとうございました。
一応後の流れ書いとくとガモスに蝶舞されてめざパでシャンデラやられて文字でドータクンやられました。
おわり
国の法律でカバドリラティの場合眼鏡着用を義務付けるべき。
5-3


最終戦に関しては何らかの手段で相手の持ち物を事前に知らない限り100回やっても100回敗けます、多分。
ただそれ以外の試合は勝つチャンスあっただけに悔しいですね。
特にライコウのボール見逃しは無いだろ俺・・・、地震打とうって事前に決めてただけにもうね。
一応勝ち越せただけよかったということで無理やり納得しておきます。

ちなみに個人KPは北大阪オフ最下位でした

第9回北大阪オフ使用構築

昨日は北大阪オフの方に参加させてもらい鋼ブロックを5勝3敗で残念ながら予選落ちという結果になってしまいました。
あと1勝できてればで3敗のうち2戦は勝ち筋もあったので悔しいところですがそこは自分のプレイングの拙さです。
当然拾ったような試合もありましたしね。

それはそれとして今回のパーティー
トレーナーカード2

正直に言うとばくおふ!で使用したパーティーからカビゴンoutのカイリキーin、それだけです。
カビゴンも強力だったんですがバンギラスが重く、悪技が一貫しすぎたことやちいシャンガチアンチとしてカイリキーの採用となりました。
このカイリキーの詳細については前回記事の育成論を参照。
残りのポケモンについてはこちらの紹介記事を参照。
というわけであとは簡単に載せておきます。


フライゴン。
1.フライゴン 陽気 A252 D4 S252 @こだわりスカーフ
逆鱗 地震 岩雪崩 とんぼ返り

ドータクン
2.ドータクン(浮遊)暢気 H252 B248 C4 D4 @ゴツゴツメット
サイコキネシス 地震 めざパ氷 ステルスロック

シャンデラ
3.シャンデラ(もらいび)臆病 H20 C248 S240 @ラムのみ
火炎放射 シャドーボール めざパ格闘 身代わり

カイリキー
4.カイリキー(ノーガード)慎重 H204 A4 B4 D228 S68 @こだわりハチマキ
ばくれつパンチ ストーンエッジ しっぺがえし れいとうパンチ

ロトム
5.水ロトム  控え目 H232 C40 S236 @オボンのみ
ハイドロポンプ ボルトチェンジ めざパ飛行 どくどく

ユキノオー
6.ユキノオー(ゆきふらし)穏やか H92 B84 C4 D196 S132 @食べ残し
吹雪 ギガドレイン やどりぎのたね 身代わり


やっぱりフライドータ軸のパーティーはとても強いと思いますしその辺のことをもっと世間に認知させたかったんですがそれが叶わなかったのは偏に私の不徳の致すところであると思っています。

XYでは鋼タイプの弱体化という噂も聞こえてきていますがやはり自分のパーティーといえばこの軸なのでしばらくは模索していくことになると思います。

オフの対戦ログの方は整理でき次第次の記事にします。
対戦していただいた方々はありがとうございました。


選出率
フライゴン(7/8)ドータクン(7/8)シャンデラ(6/8)
カイリキー(0/8)水ロトム(1/8)ユキノオー(3/8)

結局カイリキー使ってないじゃないかって?
(選出する対象が)いなかったんだよこのやろー

カイリキー育成論

ローブシン強いなあ…
でもBW発売時はカイリキー以下とか言われてたなあ・・・
じゃあカイリキー超強いんじゃね!?

まあ冗談は置いといてリアポケの第5世代最終リーグや北大阪オフなんかでパーティーに入れてたカイリキーです

カイリキー
性格:しんちょう
特性:ノーガード
持ち物:こだわりハチマキ
努力値:H204 A4 B4 D228 S68
技構成:ばくれつパンチ ストーンエッジ しっぺがえし れいとうパンチorバレットパンチ

Hは16n-1で191
特殊耐久はメガネ霊獣ボルトロスのめざ飛行確定耐え
Sは4振りバンギラス+2、無振りゴチルゼル-1(対面で確実に後攻しっぺは打ちたいため)

もちろんラティのメガネ流星なんかも余裕を持って耐えます
この特殊耐久はローブシンには出せません。(しんちょうHD特化でも霊獣ボルトのめざ飛は乱数)

ハチマキを持っているので返しのしっぺがえしやストーンエッジで倒すことができます。
れいとうパンチはバンギグライ相手のバンギとの対面で交換読みでぶっぱするためですが正直使う機会がなかったのでバレットのがいいかもしれません。
どうせギロチンを持ち得るグライオン相手に突っ張れないですしね。

また耐久面と特性ノーガードを生かして小さくなるシャンデラなんかも余裕で倒すことができます。
(C無振りシャンデラのシャドボなら確4)
こうした回避戦術による運ゲーを防げるのも強みですね。

え、こいつのばくれつパンチは運ゲーじゃないかって?
やだなあメインウエポンで殴ったらたまたま相手が混乱しただけですよ。

タカマツジム81期総括

今期は5戦して3勝2敗、第5世代のジム営業もあとは自由期間に入るのでのんびりやらせてもらいます。
なんだかんだで地面統一パで勝ち越せてこれたのはランダムマッチとはまた違った経験をくれたと思います。

それよりも今回のリーグですね。
今回は第5世代最後のリーグということで今世代の集大成をもって最大の力で挑みたいと思います。

第5世代にケッチャコ(<:v:>)

FC2Ad