通りすがりのポケモントレーナーだ、覚えなくていい

リアルポケモンリーグでジムリーダーやってたポケモントレーナーのブログ。 ポケモンやら他のことについてつらつらと並べていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズン5最終使用構築

シーズン5も終わっておそらく次のシーズン6がXY環境での最後のレーティングになりそうですね。
今期もまた相当に苦戦しましたが最高レートが2012で個人的なノルマであるレート2000はかろうじてクリアできたので一応公開したいと思います。
ただあまり納得のいく出来ではなかったので控え目に。

フライゴンドータクンギルガルドマリルリマンムーメガリザードンY

1.フライゴンフライゴン
性格:むじゃき 持ち物:きあいのタスキ
努力値:A4 C252 S252 実数値:155-121-100-132-90-167
技構成:流星群 地震 大文字 地割れ

相棒枠。珍しく襷フライゴン。
正直こいつの襷はあんまり評価してないんだけどスカーフを他に回したかったんので仕方なし。
ハイライトは積みまくってるピクシーに地割れぶち込んだとき。
あと攻撃2耐えするとは正直思えないのでDL対策にせっかちでよかったかも。

2.ドータクンドータクン
性格:ひかえめ 特性:ふゆう 持ち物:こだわりメガネ
努力値:H252 C244 D12 実数値:174-*-136-143-138-53
技構成:サイコキネシス ラスターカノン シャドーボール めざめるパワー氷

いつものやつ。

3.ギルガルドギルガルド
性格:ひかえめ 持ち物:食べ残し
努力値:H204 B4 C76 D12 S212 実数値:161-49-171-88-172-107(盾) 161-139-71-188-72-107(剣)
技構成:シャドーボール キングシールド みがわり どくどく

毒みがガルド。こいつ使いたいがために前回剣舞ギルガルドの記事上げたようなもん。
配分は人様からの借り物。シャドボでH振りメガクチートだいたい2発とかそういうの。
使ってみて分かったけどなるほどこりゃつえーわ。

4.マリルリマリルリ
性格:いじっぱり 特性:ちからもち 持ち物:突撃チョッキ
努力値:H124 A252 D24 S108 実数値:191-112-100-*-98-84(5世代厳選産のため非理想値)
技構成:じゃれつく たきのぼり はたきおとす アクアジェット

雑に強い。
ドランに強いフェアリーとして。
60族意識でS振ったがこれでもミラーでボコボコ抜かれたのでDの分とかAからちょっと回すとかしてもっと速くすべき感はあった。

5.マンムーマンムー
性格:ようき 特性:あついしぼう 持ち物:こだわりスカーフ
努力値:A252 D4 S252 実数値:185-182-99-*-81-145(5世代厳選産のため非理想値)
技構成:地震 つららばり 岩雪崩 馬鹿力

前のパーティーでリザードンを使うにあたってステロに頭を悩ませたのでメジャーなステロ要員に非常に強いスカーフマンムー。
襷持ちも貫通して倒す必要があるのでつららばりを採用したが2発で止まって倒せないケースもあったためつららおとしと両立させてもよかったか。
ただし切る技が悩ましい。

6.リザードンメガリザードンY
性格:おくびょう 特性:もうか(ひでり) 持ち物:リザードナイトY
努力値:B4 C252 S252 実数値:153-*-99-161-105-167(メガ時153-*-99-211-135-167)
技構成:オーバーヒート 火炎放射 ソーラービーム 気合玉

病みつきになる火力。
半減でも容赦なく削っていくのは圧巻。
パーティー全体にマリルリが重かったため滝登り+アクジェ耐えまで耐久に回してもよかったかもしれない。


とりあえず前回のが耐熱ドータクンとリザX入りだったので浮遊ドータクンとリザYで組んでみたいというしょうもない理由からステロ対策にマンムー入れてとそんな感じで組んだパーティー。
正直出来はよくないです。
マリルリにマリルリを出さなきゃいけないレベルで重たいしガルーラも処理ルートがあいまいでプレイングでなんやかんやしてごまかしてた感。

レート的には不満だったけどオフではそれなりの結果でたからまあいいや的な感想。

こんどはもっとちゃんとした構築乗せれるようにしたいです。
スポンサーサイト

剣舞ギルガルド育成論

いろいろ試したけど一番長いこと使ったギルガルドの紹介

またこいつかなんてことは言わないで

ギルガルド

性格:いじっぱり 持ち物:防塵ゴーグルorラムのみ
努力値:H220 A236 B4 D12 S36 実数値:163-110-171-*-172-85(盾) 163-220-71-*-72-85(剣)
技構成:アイアンヘッド 聖なる剣 影打ち 剣の舞

A4段階上昇の聖なる剣でHB特化輝石ポリゴン2を確定1(100%~117.7%)
A4段階上昇状態での不一致イカサマをシールドフォルムで最高乱数以外耐え
B<D
S4振り60族+4


ゴーグルギルガルドというポケモンはキノガッサやビビヨン、フシギバナといったポケモンを起点に積んでいけるのが強いポケモンであり、ゴーグル持ちには剣舞は非常に優先度が高い技となると思う。
(というかバナは型にもよるが積まないと相当怪しい)

上記の調整を施した理由としては対ゲンガナンス、この一言に尽きる。
ゲンガナンスの保管に非常に多く入るポケモンがポリゴン2であり、初手でゲンガーギルガルド対面となればゲンガー側の選択は初手守るかポリ2への交換となる。

つまりガルド側は初手剣舞を選択することで
ポリ2に交代orメガ守る ギルガルド剣舞
ギルガルド剣舞 ポリ2イカサマ、ガルド耐える
ガルドの聖剣でポリ2ダウン
あとは影打ちで勝ち

参考BV QXLW-WWWW-WWW9-J77F

ただポリ2側が電磁波を持っていた場合択の発生と行動不能が怖いためそれ意識ならラムが最安定となる。

Sの実値85は大抵のポリ2を抜けるとともに同じ60族であるニンフィアやピクシーあたりに先手を取りたいため。
もっともニンフィアのSラインは上がってきてる気がするがこの型のコンセプト上これ以上Sには割けない。

BDはダウンロード対策だけど正直ここはどっちでもいい感(H振りのみのポリ2なら1舞聖剣でもいい乱数で落ちる)

ただゲンガナンスに強いといっても補完にバルジーナやブラッキーが入ってる奴は絶対に無理です。
あと相手にキリキザンがいたら対面しているのがなんであろうと目をつぶって聖なる剣を押しましょう。体感9割は当たります()

NMT杯8月分振り返り

多分月一で結果報告と反省していくと思います。
大会の詳細はここ見てください。

8月の10パートナーズ
フライゴンドータクンギルガルドギャラドスロトム(ヒート)
ピクシーゲンガーバシャーモヌオーナットレイ


第1戦 対れいぜるさん
10パートナーズ
ガルーラ バンギラス ガブリアス ゲンガー ソーナンス 
クレセリア ファイアロー ルカリオ サンダー リザードン

実際の試合内容(12:06より)


プテラは相当に刺さっており選出的には間違っていなかったが優位対面が作れなかったのが敗因。
反省点としてはギルガルドはもっと大切に扱うべきだった。


第2戦 対緑なDさん
10パートナーズ
ジバコイル ギャラドス ガブリアス サザンドラ ヘラクロス
ブルンゲル ナットレイ ニョロトノ リザードン ハッサム

実際の試合内容(26:58より)


ステロ撒いて雷P持ちリザXで舞えば勝てるんじゃね?
という対戦2日前に浮かんだ発想がうまくいった形。実はそれまではメガライボルトを起用する気でした。
余談ですがこの1戦のおかげでその後のシングルFESTAで好成績を残すことができました。


第3戦 対tktさん戦
10パートナーズ
ファイアロー ガブリアス ガルーラ ゲンガー ライコウ
ニンフィア ナットレイ クレセリア マリルリ ローブシン

実際の試合内容(21:55より)


ライコウ、ニンフィア、ナットレイ、マリルリといったメガフシギバナが優位に戦えるポケモンが軒並み来なかったため完全にこちらの自由枠が腐った形に。
先発リザードン来ると壊滅するのでフライゴンからを強制されたがそれもうまく外されゲンガーが同速負けた時点でオワ。
試合前の時点でかなり劣勢と言えたかもしれない。


てなわけで8月は1勝2敗と今一つのスタートになってしまいましたがまだまだ巻き返せる余地はあるのでこれからしっかりと頑張っていきたいと思います。
最悪交流戦だけ勝つとか敗者復活トナメとかのワンチャンもあるしね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。