通りすがりのポケモントレーナーだ、覚えなくていい

リアルポケモンリーグでジムリーダーやってたポケモントレーナーのブログ。 ポケモンやら他のことについてつらつらと並べていきます。

限りなく 駆け抜ける 心の彼方へ

国際孵化開始から17日、ようやく(割と早いか?)理想個体の色違いが生まれてくれました。
Cpf40E9VIAAD8Ai.jpg
何体孵化したかは覚えていませんが通常色5Vが111匹、6Vが2匹、非理想色違いが1匹という感じです、だいたいそのへんから察してください。
こう書くと確率的にはやっぱり運が良かったのかなという気がしますね。


6世代の残りはこいつとともに頑張っていきたいと思います。


記事タイトルは仮面ライダーZO主題歌『愛が止まらない』の歌詞の一部より。

劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー 仮面ライダーゴースト感想

公開中なんで例によってさらっと済ませます


劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!

戦隊モノはいつも30分の枠なんで通常回とさほど尺は変わりませんがうまくまとまっていたと思います。
子供たちの声援で立ち上がる→子供たちと一緒に「この星をなめるなよ!」の流れは王道で大好きです。

個人的に残念だったのは歴代戦隊からゲストキャラとかチラ見せで出てたらしいんですがチケット君とマスター・シャーフーくらいしか気づけなかったことですね。
このへんはまた機会があったら確認したいです。


劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間

予告見てもまーたタケル殿が消えるのか程度にしか思ってませんでしたが今回は消える過程のアプローチが違っていて既視感はありませんでした。
ダークゴーストもよくある見た目だけの悪ライダーじゃなくてタケルとしっかり対になっているのがよかったです。
(というかそもそもおっちゃんが全部悪い)

あとは本編では他人に寄り添ってばかりだったタケルがしっかり自分と向き合って決意したのもいいですね。

初お目見えとなったエグセイドはなんだかんだ動いたらアリな気がしてきました。
しかしモチーフとはいえ思った以上にゲームでしたね、ジャンプとかもろにスーパーマ○オやん・・・。

とりあえず生きていたい理由なんて「ご飯が食べたい!」これだけで十分だということですね。




というかゴーストの最終回もうこれでよかったんじゃないかな・・・?

第13回びぶおふ!使用構築

約11ヶ月ぶりのびぶおふでした。
結果としては3-6で予選落ち、レートは1800そこそこといった満足とは程遠いことになりました。
唯一の負け筋である3連休所食らったあたりで今日おかしいなとは思った


フライゴンドータクンメガバシャーモ
ミミロップロトム(ウォッシュ)メガチルタリス

基本コンセプトとしてはどくみがミミロップで物理受けを削ってメガバシャーモの一貫を取ること。

1.フライゴンフライゴン
性格:ようき 持ち物:こだわりスカーフ
努力値:A252 D4 S252 実数値:155-152-100-*-101-167
技構成:逆鱗 地震 岩雪崩 とんぼがえり

いつもの型。
相手に高速アタッカーが多いような場合はフライドータでくるくる回して消耗させてバシャでタテるのが理想的。

2.ドータクンドータクン
性格:のんき 特性:ふゆう 持ち物:ゴツゴツメット
努力値:H252 B252 C4 実数値:174-109-184-100-136-34
技構成:ジャイロボール 地震 めざめるパワー氷 ステルスロック

物理をごまかしつつステロを撒いての決定力補助。
別に何が何でも先発で撒く、という使い方ではなくあくまで流れの中で撒く形にしたい。

3.バシャーモバシャーモ
性格:いじっぱり 特性:かそく 持ち物:バシャーモナイト
努力値:A252 D4 S252 実数値:155-189-90-*-91-132(155-233-100-*-101-152)
技構成:飛び膝蹴り フレアドライブ 岩雪崩 まもる

こいつを一貫させるのが目的であるエース。
3つ目のウエポンは迷ったけどリザあたりに無難に打てて非接触であり運勝ちも呼び込める岩雪崩を選択。


4.ミミロップミミロップ
性格:おくびょう 特性:じゅうなん 持ち物:ズアのみ
努力値:B252 D4 S252 実数値:140-*-136-*-117-172
技構成:どくどく みがわり がむしゃら アンコール

前回記事の奴。
勝てた試合は本当に活躍して相手をかき回してくれた。

5.ウォッシュロトムロトム(ウォッシュ)
性格:ひかえめ 持ち物:こだわりメガネ
努力値:H236 C244 D4 S20 実数値:155-*-127-171-128-109
技構成:ハイドロポンプ 10万ボルト ボルトチェンジ めざめるパワー氷

物理受け以外のバシャーモへのストッパーであるアローやマリルリに強い枠として採用。
ボーマンダにある程度強く出られるようめざ氷を持たせた。
カバルドンやスイクン、ある程度のクレセリアといったメジャーな物理受けに強い負担をかけられるので「当てれば」強いポケモン。
(オフ当日は半分も当てなかったからクソ)

6.チルタリスチルタリス
性格:いじっぱり 特性:しぜんかいふく 持ち物:チルタリスナイト
努力値:H196 A188 S124 実数値:175-125-110-*-125-116(175-169-130-*-125-116)
技構成:恩返し 地震 どくどく 羽休め

ここまで相手バシャーモが重く、またボルトロスも厄介だったのでその辺に強く出れる第2メガ枠。
ただこいつは特殊型の方がよかったのではと思わなくもなかったり。



フェアリー重いのとガッサがきついのでミミロップの枠をギルガルドあたりに変えれば改良できるとは思います。(コンセプトとはいったい)

どくみがミミロップ育成論

ミミロップを見たらほぼメガだと思われる今の環境下だと面白いかなーと思ったポケモン。
ミミロップ

性格:おくびょう 特性:じゅうなん 持ち物:ズアのみ
努力値:B252 D4 S252 実数値:140-*-136-*-117-172
技構成:どくどく みがわり がむしゃら アンコール

メガミミロップは非常に高い素早さと高い攻撃、特性きもったまによる広い等倍範囲から対面構築なんかに強めではあるが持ち物等での火力増強ができないことからメジャーな物理受けで止まりやすいというのが欠点です。

そこでこいつの役割は呼ぶ物理受けに毒を入れ、身代わり連打からのがむしゃらで機能不全に追い込み、こちらの裏の物理アタッカーを通しやすくすることにあります。
持ち物としてズアのみを採用したのは最後の身代わりがクレセリアやスイクンの攻撃を耐えるとこで、さらにもう1体にがむしゃらを入れることが目的です。
ただこれに関しては毒を入れた段階で交代されることが多く腐ることが多かったため、ゴツメやジャポ、レンブ等他の持ち物のほうが有用だったかもしれません。

ギルガルドやゲンガーに対しては全くダメージソースがありませんが、型が割れていない段階では相手不利な対面ですので呼び込みにくくはなっています。
また相手からもできることは限られているのでアンコールで後続の起点にする動きも可能ではあります。

また、コンセプトとは外れますが裏にメガゲンガーを置いてどくどくと電磁波を両立させての状態異常撒き役も面白いかもしれませんね。

ちょっと変わったポケモンを使ってみたい人はこういうのもあるんだ、と参考程度になれば幸いです。

シン・ゴジラ感想

仮面ライダーやウルトラマン、スーパー戦隊といったシリーズはそれなりに見ているのですが実はゴジラシリーズはそこまで見てはいませんでした。
でも今回周囲の評価がやたら高かったので見に行くことに。

まず第一に感じたことから言わせてもらうと「怖かった」ですね。
地球を守るスーパーヒーローやオーバーテクノロジーなしに理不尽なまでの強大な存在に立ち向かわなくてはならないというのがこんなにも恐ろしいものだとは。
(数少ない見たことのあるゴジラはゴジラVS~のやつなのでそういった感覚はこれまでなかった)

それでもこの国のために何とかしなくちゃいけない人々の意地と知恵で本当に何でも使う戦いになったのは見事でした。

それと情報統制がしっかりされていたおかげで初見時の驚きというのが感じられたのがよかったです。
ウルトラマンXの最終話でハイブリッドアーマーを隠し切っていたスタッフもお見事だったようにそういう驚きというのは本当に大切なものだと感じますし、だからこそこれから見る人のためにあまり内容には触れないようにします。
だからテレビ版のOPとCM見てたら内容の半分ぐらいは予想できてしまいそうになるライダー映画の宣伝手法は一度考え直せマジで、そんなことしなくても見に行ってやるからもっとワクワクをくれ。

細かいことはおいといても一人の特撮ファンとして最初から最後まで引き込まれた作品でした。
自分ももっと見ていく作品の幅を広げていきたいですね。

俺は本当に愛していたのだろうか

誰よりも愛しているつもりだった。

向こうは俺の気持ちに応えてくれなかったり、時には俺のほうが腹を立てたりすることもあったが、それなりにいい関係でいると思っていた。

でも望む望まないにかかわらず時間とともに俺たちの周りの環境も変化してきて、以前なら胸を張って愛している、と言えたことなのに今ではそんな自分の気持ちすら不確かになってしまった。

だから自分の気持ちをもう一度確かめるために、これまで挑まなかったことに臨みたいと思う。

正直これをやり遂げたところで君の笑顔や嬉しそうな声、それだけで楽しかった日々に戻れるかはわからない。

でも一つの大きな節目を迎えようとしている今、一つ自分との決着のためになんとしてもやり遂げたいと思う。


























国際孵化、はじめました。
フライゴンへの愛を確かめるために。
2016y08m04d_185046229.jpg

FC2Ad