通りすがりのポケモントレーナーだ、覚えなくていい

リアルポケモンリーグでジムリーダーやってたポケモントレーナーのブログ。 ポケモンやら他のことについてつらつらと並べていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズン3使用構築(最高レート2132)

ルビサファリメイクという大きな出来事が発表されて現環境もまた終わりが見えてきましたね。
正直XY環境はまだまだいろんなパーティーが出てくる余地がありそうでちょっと移るの速すぎないかな?と個人的には思ってしまいます。
結局俺が使うのはフライドータですが()

もちろん新作自体は非常に楽しみにしてますが。

そんな中でシーズン3も終了、最高レートが2132、最終レートが2014となりました。
正直最高レートからそれ以上やる気なかったんですが5/12の21:30時点でシングルのランキングで102位に落ちてしまい2ケタ順位を取り戻すため戦ったら闇に飲まれた、そんなことが起きてしまいました(白目)
それはともかく初めてレート2100を超えた構築であり多少の自信にはなりました。

そんな構築がこちら

フライゴンドータクンギルガルドヌオーギャラドスライボルト

詳細は追記で
1.フライゴンフライゴン
性格:ようき 持ち物:こだわりスカーフ
努力値:A252 D4 S252 実数値:155-152-98-*-99-167(5世代厳選産のため非理想値)
技構成:逆鱗 地震 岩雪崩 とんぼがえり

いつもの枠。
とんぼ返りしてればだいたい正解。いやマジで。
というかもう改めて書くことねえよ。

2.ドータクンドータクン
性格:ひかえめ 特性:ふゆう 持ち物:こだわりメガネ
努力値:H252 C244 D12 実数値:174-*-136-143-138-53
技構成:サイコキネシス ラスターカノン シャドーボール めざめるパワー氷

今回はクレセドランなんかもギャラで起点にできるのでドータクン本来の役割重視の眼鏡型。

3.ギルガルドギルガルド
性格:いじっぱり 持ち物:防塵ゴーグル
努力値:H236 A252 S20 実数値:165-112-170-*-170-83(盾) 165-222-70-*-70-83(剣)
技構成:アイアンヘッド 聖なる剣 影打ち 剣の舞

剣舞ガルド。
フシギバナなんかを確実に狩れるし1周して環境に刺さってきた感。
多分保険で回したらすごい強いと思うけどガッサやビビヨンに蹂躙されるのは屈辱の極みなのでゴーグル。
そいつらがただの起点になるのは強い。
Sはニンフィアやポリ2意識で振ってるがそいつらもそこそこ振ってることがあるので悩みどころ。
あまりHから削ると剣舞2積みした後の不一致イカサマを盾状態でも耐えなくなるので削るならAからだったか。

4.ヌオーヌオー
性格:のんき 特性:てんねん 持ち物:ゴツゴツメット
努力値:H244 A4 B252 C4 D4 実数値:201-106-150-86-86-47(S甘え)
技構成:じしん ねっとう じこさいせい どくどく

前はわんぱくで同じ型でしたがちゃんとのんきで孵化しなおしました。
熱湯の火力が上がるメリットとしてはH振りアローがだいたい2発で落ちること。
要するに鬼火→挑発→羽休めで粘られない。

対ガルーラ性能はそれなりに高いが捨て身を考慮すると再生から入らないとなので無償降臨を許しやすいのがネック。
突破できないのに冷ビ連打してくるガルーラは犯罪行為。

5.ギャラドスギャラドス
性格:ようき 特性:いかく(かたやぶり) 持ち物:ギャラドスナイト
努力値:H4 A252 S252 実数値:171-177-99-*-120-146(メガ時171-209-129-*-150-146)
技構成:地震 氷の牙 竜の舞 みがわり

このパーティーで最初に考えてたメガ枠。
主にサザンガルドなんか見たいためこの一致技なしの2ウエポン。
範囲的には広くかたやぶりとの相性もいいためこれでいいと思う。
クレセドランや吠えるの無いスイクンなんかを起点にするため身代わり竜舞。
サザンガルド見るためなら意地っ張りド安定なんだが最速ドランより遅いと交代際に身代わり貼られた場合毒みがで倒されるのが耐えられないので最速にした。
1舞状態での死に出しバシャーモ相手に守る読み竜舞とかいうリスク取らなくてもいいのが地味な利点だった。

ただし舞ってもポリ2なんかはほぼ突破は無理なので爆発力には欠けたかもしれない

6.ライボルトライボルト
性格:おくびょう 特性:ひらいしん(いかく) 持ち物:ライボルトナイト
努力値:H108 B24 C140 S236 実数値:159-*-83-143-80-170(メガ時159-*-103-173-100-203)
技構成:10万ボルト オーバーヒート めざめるパワー氷 ボルトチェンジ

多分一番メジャーな調整をそのまんま拝借。
こいつのようにあからさまにメガしますよなポケモンを入れることでギャラを普通のに見せたかった(効果は不明)
その中でもこいつは電気炎の範囲を持つ高速アタッカーで割といい補完になっていると思う。


自分のパーティーではメガ石持ち2体という構成はこれが初めてでした。
理由としてはこれといった基本選出を持たず相手に合わせて6体からフルに3体選ぶ自分のスタイルとしては同時選出のしにくいメガ枠2枚は足枷になりかねないものであるためである。

しかし今回はギャラドス+ライボルトで同時選出してもそれなりに相性補完はあり、ライボルトをメガシンカさせれば威嚇2枚で回すといったことも可能なため、同時選出しても戦力をそれほど損なうことなく、メガ枠自体の選出頻度はもちろん上がったため、上記の自分のスタイルに合ったメガ枠2枚の使い方はできたと思う。

しかし構築としてエルフーンに1ターン自由にさせるとかなり対処が難しくなることがあり、そのあたりは気を使う面があった。
またポリゴン2の処理方法が主にヌオーで毒殺かギルガルドで2回舞って聖剣という強引な手段に頼っており、トラアタとイカサマ持ちの個体をそこそこ見るようになった今、ヌオーに受けきるほどの余裕が無くなり、ギルガルドも厳しくなるため相手の型によっては相当処理に難儀するようになった。

とはいえ自己最高レートを更新できた構築であり、その点は非常に収穫も多かったように思います。
シーズン4は一瞬でも1ページ目に載りたいなあ、なんて思ってみたりもします。



じゃあ次のパーティーのためにずっと放置してたサブロムのYの方進めていきます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rplnobu.blog.fc2.com/tb.php/106-f9e04c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。