通りすがりのポケモントレーナーだ、覚えなくていい

リアルポケモンリーグでジムリーダーやってたポケモントレーナーのブログ。 ポケモンやら他のことについてつらつらと並べていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回びぶおふ!使用構築

えるおふ!に続いて翌日のびぶおふ!にも参加してきました。
結果から言うとカトレアブロックを7-3でしたが7-3でトップ4人が並び、直接対決の結果4位で予選落ちになってしまいました。
今回は結構自信を持って参加していたので予選を抜けられなかったのは非常に悔しいところです。
前回は5-3でも予選抜けて全国まで行けたのに

自信あった理由。
2015y06m03d_072507105.jpg
レートでの勝率で言えば今まででもトップクラスかもしれない。

フライゴンドータクンサーナイト
カバルドンファイアローユキノオー

最初に入れたいと思ったのがボルトランドスイクンにことごとく強いユキノオーで、案外環境に刺さっているよう感じたため今回こいつをメガ枠で使うことにしました。
その次にメガガルーラに対してメガゲンガーを使わずに最低相打ちを狙いにいけるようゴツメカバルドンを採用し、という流れで組んでいきました。

1.フライゴンフライゴン
性格:ようき 持ち物:こだわりスカーフ
努力値:A252 D4 S252 実数値:155-152-100-*-101-167
技構成:逆鱗 地震 岩雪崩 とんぼがえり

いつもの型。
こいついないとゲッコウガとかの処理が厳しい。(基本はトンボ+ブレバで倒す。)


2.ドータクンドータクン
性格:ひかえめ 特性:ふゆう 持ち物:こだわりメガネ
努力値:H252 C244 D12 実数値:174-*-136-143-138-53
技構成:サイコキネシス ラスターカノン シャドーボール めざめるパワー氷

いつもの眼鏡型。
ドランが重いため耐熱も考えたがそうするとマンムーやマンダが重くなりすぎるためやはりこの構成に。


3.サーナイトサーナイト
性格:おくびょう 特性:トレース(フェアリースキン) 持ち物:サーナイトナイト
努力値:H124 C136 S248 実数値:159-*-85-162-135-144
技構成:ハイパーボイス サイコショック めざめるパワー炎 アンコール

最後まで悩んだ2枚目のメガ枠。
下のノオーカバアローで辛い相手にそこそこ戦えてかつオニゴーリあたりとも戦えるポケモンということでこいつになった。
しかしそれでもしっくりきてない感じはある。
パーティに炎技がアローの鬼火しかないためにめざめるパワー炎を採用したが、ヒードランが全体的に重く、炎技読みでもらい火トレースでこいつを出すケースを考えればめざ地を採用した方がよかったか。
ただお互いムラっけで運頼みになりそうな対オニゴーリでほとんど負けなかったのはアンコールとハイパーボイスの優秀さか。

4.カバルドンカバルドン
性格:わんぱく 特性:すなおこし 持ち物:ゴツゴツメット
努力値:H252 B220 S36 実数値:215-132-182-*-92-72
技構成:地震 岩石封じ ステルスロック 怠ける.

言わずと知れた物理受け。
Sは4振り50族抜き。とりあえずめっちゃ固い。

5.ファイアローファイアロー
性格:しんちょう 特性:はやてのつばさ 持ち物:ラムのみ
努力値:H236 A4 B76 D188 S4 実数値:183-102-101-*-124-147
技構成:ブレイブバード 羽休め 鬼火 挑発

昨シーズン終盤話題になったHDアロー。
配分は一番有名なところからの丸パクリ。
というかノオーカバアローという並びも一緒である。ゆえにそれ知ってる人には型バレる
使ってみて分かったのはこいつすげーつえーわ。

6.ユキノオーユキノオー
性格:れいせい 特性:ゆきふらし 持ち物:ユキノオナイト
努力値:H252 C172 D84 実数値:197-112-95-147-116-72(197-152-115-191-136-45)
技構成:吹雪 ギガドレイン 氷の礫 宿木の種

使ってみたかったポケモン。
HD方面はC222メガゲンガーのヘドロ爆弾を最高乱数切りで耐え、残りCぶっぱで気持ちゲンガーとの偶発対面に強くしている。
有利な相手に出して後続に負荷をかけられそうなら吹雪、通りが悪ければ宿木を押していく。



非常にサイクル戦としては使いやすいパーティで、天候やステロ、鬼火や宿木といったスリップダメージで戦っていけるのは楽しかった。
ただ何度か触れた様にヒードラン+浮いてるポケモンの組み合わせが面倒で、よく苦戦を強いられていた。
またガルーラはほぼカバルドンで相手していて、カバルドン自体は腐りにくいのでいいのだが、両刀ガルーラをちょくちょく見かけるようになり、相手しきれない面が出てきたのでそのあたりが改善点であろうと思う。
それでも各々の役割がしっかりしている分サイクルとしてはやりやすい構築であった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rplnobu.blog.fc2.com/tb.php/139-e9055cbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。