通りすがりのポケモントレーナーだ、覚えなくていい

リアルポケモンリーグでジムリーダーやってたポケモントレーナーのブログ。 ポケモンやら他のことについてつらつらと並べていきます。

第14回びぶおふ!使用構築

びぶおふ!には何回も出てきましたがとうとう第6世代では最後の開催となってしまいました。
今回に向けて幻のレートシーズン18で調整を続け、瞬間的にとはいえ2000超えもできましたが
オフでの結果は5-2で予選抜けはしましたが決勝トナメ初戦で負けてベスト16で終わりました。

予選抜けれたのはよかったですが負けた試合は余裕のある対面だったのだからもっと慎重に行ってもよかったんじゃないかと悔いが残っています、個人的には本当に最低限の結果といった感じですね。

以下構築


フライゴンドータクンメガゲンガー
マリルリドラミドロヤミラミ

第6世代の思い出としてはたくさんのものがありましたが一つ大きなものとして第一回真皇杯で中四国代表として本戦出場したことがあります。
ですので第6世代が終わる前にその時使った襷メタバヤミラミをもう一度使ってみたいと思いました。
また、ヤミラミ周りの補完として、ORAS最高レートを勝ち取れたシーズン13で使用したメガヤミラミ軸での構築をベースにすることを決め、微調整を続けこういった構築になりました。


1.フライゴンフライゴン
性格:ようき 持ち物:こだわりスカーフ
努力値:A252 D4 S252 実数値:155-152-100-*-101-167
技構成:逆鱗 地震 岩雪崩 とんぼがえり

フライドータの原点という意味でスカーフ型。

2.ドータクンドータクン
性格:のんき 特性:ふゆう 持ち物:ゴツゴツメット
努力値:H252 B252 C4 実数値:174-109-184-100-136-34
技構成:ジャイロボール 地震 めざめるパワー氷 どくどく

テンプレの眼鏡型ではなく物理への引き先としてHBゴツメで採用。
どくどくは無いと舞羽マンダに勝てない。

3.ゲンガーメガゲンガー
性格:おくびょう 持ち物:ゲンガナイト
努力値:H188 D68 S252 実数値:159-*-80-150-104-178 (メガ時159-*-100-190-124-200)
技構成:シャドーボール ほろびのうた みちづれ まもる

メタバヤミラミと組ませるならこの型のゲンガーだと思う。
数的優位時の詰め性能や重い相手の強引な処理など気に入っているポケモン。

4.マリルリマリルリ
性格:いじっぱり 特性:ちからもち 持ち物:こだわりハチマキ
努力値:H124 A236 B4 D12 S132 実数値:191-110-101-*-102-87
技構成:じゃれつく 滝登り はたきおとす アクアジェット

ヤミラミの呼ぶ炎に強く出られるポケモン。
60族近辺相手にS振りが生きる機会が多い、

5.ドラミドロドラミドロ
性格:ひかえめ 特性:てきおうりょく 持ち物:とつげきチョッキ
努力値:H244 C192 S72 実数値:171-*-110-155-143-73
技構成:流星群 ヘドロ爆弾 熱湯 めざめるパワー炎

特殊、特に電気にはべらぼうに強い。
もともと鋼を強く呼ぶ上にパーティーに炎技がヤミラミの鬼火しかないためめざ炎を採用している。
レートでナットレイに対して気合玉を4連続で外したのがめざ炎採用の一番の理由という裏設定がある

6.ヤミラミヤミラミ
性格:のんき 特性:いたずらごころ 持ち物:きあいのタスキ
努力値:H252 B252 D4 実数値:157-*-139-*-86-49
技構成:イカサマ メタルバースト おにび じこさいせい

奇襲性能の塊ながら普通の運用もできる便利ポケモン。
ただしメガヤミラミと違って基本ゲンガーやアローといったポケモンの相手ができないので感覚の違いに注意。



一見重いような構築相手でもヤミラミゲンガーで強引に1-1交換を2回してラス1対決に持ち込むとかいう対処とかできて割と楽しい構築でした。
ただそういった処理方法も通用しづらい耐久アローや受けループなんかは辛い戦いになることも多々ありました。
それでも詰めへの道筋がある程度見えやすく考えていける構築は自分にマッチしていたと思います。

こうして第6世代の広島オフは終わりを告げましたがまだ僕の第6世代は終わっていません。
多分もう一つか二つは構築記事が上がることになると思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rplnobu.blog.fc2.com/tb.php/173-55cbcb58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad