通りすがりのポケモントレーナーだ、覚えなくていい

リアルポケモンリーグでジムリーダーやってたポケモントレーナーのブログ。 ポケモンやら他のことについてつらつらと並べていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトルロードグロリア2017全国大会使用構築

2月の中国大会で優勝し、出場権を得ることができたので参加してきました。
名前だけは知ってるような有名トレーナーに混じって戦ってきましたが、結果的にはスイスドローで2-3で終わり決勝トーナメント出場はなりませんでした。

悔しさの残る結果にはなってしまいましたが初めてのBO3のマッチ戦や普段交流のないダブル勢の皆さんとの話など刺激になることが多かったので参加できてよかったなとは思います。
でもやっぱり賞金欲しかったなあ・・・

以下構築


2017y03m20d_165438030.jpg

1.フライゴンフライゴン
性格:ひかえめ 持ち物:いのちのたま
努力値:C252 D4 S252 実数値:155-*-100-145-101-152
技構成:流星群 大地の力 火炎放射 まもる

前回のことからスカーフは絶対に警戒されるとみて命の珠持ち。
大地の通りがよく、殆どのウインディは一撃で飛ばせるため使い勝手はよかった。
ただ炎技がほぼカミツルギにしか打たなかった前回の構築と違い、テッカグヤに打つ必要があったため、放射では火力不足な場面が多く、この型なら大文字のほうが合っていたように思う。
流星群の枠は最後までフェイントと悩んだがこれでよかった。

2.ゲンガーゲンガー
性格:おくびょう 持ち物:こだわりスカーフ
努力値:C252 D4 S252 実数値:135-*-80-182-96-178
技構成:シャドーボール ヘドロばくだん きあいだま めざめるパワー氷

というわけでスカーフの奇襲でコケコ等を落とすのはこいつに任せたというポケモン。
ウインディに強めであるウツロイドも考えたが、スカーフカミツルギに縛られるのが気に食わなかったのでそのさらに上を取れるゲンガーとした。
テテフがスカーフであっても上から叩けるため、カプシリーズに軒並み強い。
技は採用理由であるヘド爆、カミツルギを上から落とすシャドボ、霰下のサンドパンや砂下の準速ムーランドも抜けるため命中は気に入らないが気合玉、最後はスカーフガブリアスを上から大きく削れるめざ氷とした。(トリック使いたかった・・・。)

3.プテラプテラ
性格:ようき 特性:きんちょうかん 持ち物:イワZ
努力値:A252 B4 S252 実数値:155-157-86-*-95-200
技構成:ストーンエッジ いわなだれ フリーフォール まもる

フォロワーのひかりさんが使われていたイワZプテラからアイデアを拝借。
特性を緊張感としたのはプレッシャーと違い特性順によるS判定ができないがそれは初手限定であり、何よりそういったやつはこちらのゲンガーでさらに上から返り討ちにするため、むしろばれてないと思ってくれた方が好都合まである。
それよりもカビゴンなんかの木の実を封じたまま倒せる可能性のほうが大きい。

4.ミミッキュミミッキュ
性格:ようき 持ち物:たつじんのおび
努力値:H4 A252 S252 実数値:131-142-100-*-125-162
技構成:じゃれつく シャドークロー ウッドハンマー まもる

気持ちばかりの対雨枠のような何か。
スカーフ以外のテテフを抜け、ミラー考慮もあり最速。
足りなくなった火力を補うために帯を持たせている。
これによって無振りゴルダックに対してウッドハンマーが超低乱1(6.3%)が確定1になり、無振りテテフに対するシャドクロが確定2から超高乱1(93.8%)になったりする。
ただテテフは他でもどうにかなるし仮想敵と出会わないと等倍相手の火力がお粗末すぎる・・・。

5.ハリテヤマハリテヤマ
性格:ゆうかん 特性:あついしぼう 持ち物:くろいてっきゅう
努力値:A252 B124 D132 実数値:219-189-96-*-97-49
技構成:インファイト ねこだまし はたきおとす まもる

ここまで相手のトリックルームが非常に重いのとポリ2への打点が少ないため採用。
トリル下でのアタッカーとしてメジャーなのがギガイアスとカビゴンであり、その2体に強い枠として。
ただ鉄球持ちはやり過ぎだったかもしれない。
トリルを貼られた後に上から叩けるようSを下げたが、存在自体がある程度の圧力であり、スタンパ内のそいつらに抜かれているデメリットやトリルをこちらが能動的に貼れないため相手に使ってもらわないと持ち物なし以下になってしまっていた。
普通にオボンかフィラやバンジなんかの木の実を持たせて場持ちをよくした方が良かったように思う。

6.キュウコン(アローラ)キュウコン
性格:おくびょう 特性:ゆきふらし 持ち物:きあいのタスキ
努力値:H4 C252 S252 実数値:149-*-95-133-120-177
技構成:吹雪 フリーズドライ アンコール まもる

ガブリアスなんかへの圧力と、補助メインの相手ポケモン(テテフライドのライド等)に下からでもアンコールをかけて場を乱せるように採用。
でもだいたい吹雪しか押してなかったような気がする。




環境の読み違えというか把握が甘かったかなあという感じでした。
ウインディがいてカプ2体にガブがいて~みたいなスタンパなんかを想定していましたが終始テッカグヤに苦しめられました。
ミミッキュの枠がはっきり腐っていたので最低限の対雨を考えたとしてもジバコイルかクワガノンあたりを入れておくべきだったかなあ、という感想です。所詮結果論ですが。

今回配信されていた試合はどれも非常にレベルが高く、特に決勝トナメなんかは終始感嘆しかしてなかった気がします。
2次会の話なんかも含めてダブルバトルへのモチベーションが相当に上がったので今後はシングル勢なので~みたいなことは言わずにもっとダブルバトルにも力を入れていきたいと思います。
対戦してくださった皆さん、話をしてくださったみなさん、応援してくださった皆さん本当にありがとうございました。


いやもちろんシングルバトルも頑張りますよ、真皇杯とかもちろん出たいし。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rplnobu.blog.fc2.com/tb.php/185-fa3586d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。