通りすがりのポケモントレーナーだ、覚えなくていい

リアルポケモンリーグでジムリーダーやってたポケモントレーナーのブログ。 ポケモンやら他のことについてつらつらと並べていきます。

シーズン3使用構築(最終最高2092)

サンムーン発売後3つ目のシーズンが終わりましたね。
シーズン3は結果から言うと最終最高レートが2092、74位の結果を残すことができました。
2017y05m16d_194357721.jpg
シーズン1、2とレート2000を超えることすらできなかったので俺はひょっとしてこの環境向いてないんじゃないかとか思ってしまいましたが一定の結果は残すことができて少しホッとしています。

また、同じ構築で真皇杯九州予選に参加しましたが、そちらは予選ブロックは突破したものの決勝トーナメント初戦で負け、ベスト24となりました。
いいかげんトナメ1落ち癖なんとかしたい・・・。

以下構築

2017y05m16d_194901717.jpg

クチートナイト解禁によりフライクチートで組んでみました!・・・というわけではなく実はメガハッサム軸で組んでたら最後にハッサムが抜けてクチートが入ってきたという経緯で完成した構築です。

1.フライゴンフライゴン
性格:ようき 持ち物:こだわりスカーフ
努力値:A252 D4 S252 実数値:155-152-100-*-101-167
技構成:逆鱗 地震 岩雪崩 とんぼがえり

おなじみのスカーフ型。
中速以下のポケモンが多いため唯一の高速ポケモン。
裏のポケモンのために優位体面を作りつつ隙を見て自身が抜いていく形が理想。

2.ドータクンドータクン
性格:ゆうかん 特性:たいねつ 持ち物:とつげきチョッキ
努力値:H252 A252 D4 実数値:174-156-136-*-137-34
技構成:ジャイロボール 思念の頭突き 地震 岩雪崩

耐熱チョッキ型。詳しくはこちら
カプ・テテフの多さから、後出し回数を稼げるチョッキは優秀に感じ、お供の炎にも弱くないのが優秀。
こいつは炎を誘いつつ倒してくれるのでクチートがとても動きやすくなる。

3.クチートメガクチート
性格:いじっぱり 特性:いかく(ちからもち) 持ち物:クチートナイト
努力値:H140 A252 S116 実数値:143-150-105-*-75-85(メガ時143-172-145-*-115-85)
技構成:じゃれつく はたきおとす 炎のキバ ふいうち

優位対面から超火力を押しつけて崩していくスタイル。
トリル運用ではないので60族意識のS振りで、6世代ほど激戦区ではないがそれでもポリ2やアシレーヌ、テッカグヤあたりを抜いていれば便利なことが多かった。
耐久を削るデメリットとしては、A156ミミッキュの+1無限暗夜が乱数1発になってしまうことで、一気に不利な状況に追い込まれる可能性があること。

4.ギャラドスギャラドス
性格:ようき 特性:いかく 持ち物:ヒコウZ
努力値:H4 A252 S252 実数値:171-177-99-*-120-146
技構成:滝登り 氷のキバ とびはねる 竜の舞

地雷気味に見えるが個人的に評価の高いヒコウZギャラ。
こいつの素晴らしいところはタイプ受けしてくるメガフシギバナやカプ・レヒレ、ナットレイやギャラミラーなんかにむしろ起点にする勢いで強気に出られる点にある。
ただしポリゴン2はほぼどうしようもない。

5.ミミッキュミミッキュ
性格:ようき 持ち物:フェアリーZ
努力値:H4 A252 S252 実数値:131-142-100-*-125-162
技構成:じゃれつく のろい いたみわけ みがわり

呪いミミッキュ。
主にオニゴーリ入りやバトンパなんかへの回答として採用。
使うまではあまり評価してなかったけど使ってみるとものすごく強い。
サイクル参加は難しいが初手での荒し、相手の積みストッパーや高性能クッション、最後の詰めに至るまで幅広く活躍してくれた。
範囲の広いゴーストZとは諸説あるがストッパー役も兼ねるならメガマンダを倒せるフェアリーZかなーとは思ってる。

6.フシギバナメガフシギバナ
性格:ずぶとい 特性:ようりょくそ(あついしぼう) 持ち物:フシギバナイト
努力値:H252 B228 D4 S24 実数値:187-*-145-120-121-103(メガ時187-*-189-142-141-103)
技構成:ヘドロ爆弾 めざめるパワー炎 やどりぎのたね 光合成

新規準伝に対して有利に回れる相手が多く、弱点の少なさと耐性の多さから使ってみたかった。
構築に炎打点がないためめざ炎を採用。
宿木を入れてドータクンに引く動きが比較的安定しやすい。

相性補完はまあまあ取れているものの回復ソースの乏しい構築のためあまり長いサイクル戦は得意ではありません。
主にクチート選出時はクチートの火力を生かして先に相手のサイクルを破壊し、優位盤面を取っていく。
フシギバナ選出時はバナの苦手なポケモンを先に潰して詰ませていくのが理想的な戦い方になります。
(ミミッキュで荒らしてギャラで全抜きとかもできるけど例として)

そのためサイクル特化した受けループのような構築が非常に苦手、というか相手が選出かプレイングを間違えてくれなければものすごい運勝ちでしか勝てないと思います。
また状態異常対策も乏しく、スカーフフライゴン以外は中速以下の速さしかないと言っていいため最近増加傾向の素催眠ゲンガーなんかはかなりつらい相手です。レートではめっちゃ避けましたが真皇杯九州予選ではそれでやられました。
ですので改良するとしたらそのあたりかなあとは思います。


QRレンタルチーム
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-66EF-48A9

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rplnobu.blog.fc2.com/tb.php/187-57043643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad