fc2ブログ

通りすがりのポケモントレーナーだ、覚えなくていい

リアルポケモンリーグでジムリーダーやってたポケモントレーナーのブログ。 ポケモンやら他のことについてつらつらと並べていきます。

剣盾S4使用構築(最終368位)

シーズン4お疲れ様でした
いろいろと閉塞感の強いご時世となってしまいましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか
自分の最終順位は368位でしたが一度も2桁に届きそうになかったのは悔しいところでした
EUziGJzUcAE1Ljw.jpg

以下構築


EUziGKEU4AEL9db.jpg

1.フライゴン330 (1)
性格:ようき 特性:ふゆう 持ち物:こだわりスカーフ
努力値:A252 D4 S252 実数値:155-152-100-*-101-167
技構成:げきりん じしん ばかぢから とんぼがえり

剣盾発売以降ラム竜舞ばっかり使っていたので7世代以来のスカーフ型。
逆鱗、地震、とんぼ返りまでは確定として残りの枠だが今回はメジャーなスカーフ持ちであるガラルヒヒダルマをワンパンできる馬鹿力を採用した。(実際はダルマよりもタチフサグマを多く倒した気がする)
ダイナックルのA上昇から切れた後にスカーフの速さで締めるという動きは頭に入れておくといいかもしれない。

2.ドータクン437 (1)
性格:いじっぱり 特性:たいねつ 持ち物:じゃくてんほけん
努力値:H252 A252 D4 実数値:174-155-136-*-137-53
技構成:ヘビーボンバー いわなだれ じしん しねんのずつき

環境に型破りドリュウズが多すぎてもはや浮遊が意味をなしていないため耐熱として主に対フェアリーに役割を持たせることに。
通常ならジャイロボールを使うところだが、最遅厳選が面倒くさいためピクシー、ニンフィア、ブリムオンなどSは遅いが体重は軽いフェアリーの多さからヘビーボンバーにしている。
ただし相手のダイマックスとの択になったり、ドータクンはめちゃくちゃに重いというわけではないのでそこらへんがネックだった。
等倍の炎技で弱点保険が起動するのが偉い。(詐欺では?)

3.アシレーヌ730 (1)
性格:ひかえめ 特性:げきりゅう 持ち物:とつげきチョッキ
努力値:H156 B4 C252 D4 S92 実数値:175-*-95-195-137-92
技構成:うたかたのアリア ムーンフォース エナジーボール アクアジェット

シーズン1から水フェアリー使いたくて仕方なかったがようやく解禁。実際想定以上の活躍をしてくれた。
後述のバルジーナやナットレイがB特化であり、特に入れたい補助技もなかったので特殊相手にサイクルを回せるチョッキ持ち。
ドータクンがどうしても出しにくいときは相手トゲキッスを一任されたりしてたので体力管理は重要。
調整はSを好みの数字(ある程度のアーマーガア抜き)にした後Hを好みの数字(16n-1)にしただけなので深い意図は聞かないで。

4.バルジーナ630.png
性格:わんぱく 特性:はとむね 持ち物:オボンのみ
努力値:H252 B252 D4 実数値:217-85-172-*-116-105
技構成:イカサマ とんぼがえり はねやすめ どくどく

物理受け兼とんぼ返りによるサイクル要因。
どくどくを覚えるのが非常に便利で耐久崩しからだいたい請け負ってくれ、カビゴンを見たらかなりの頻度で投げていた。
ただしとんぼ返りをいれたことで挑発のスペースがなくなったのが不便に感じることもままあったので要検討かなと。

5.ナットレイ598 (1)
性格:のんき 特性:てつのトゲ 持ち物:たべのこし
努力値:H252 A4 B252  実数値:181-115-201-*-136-22
技構成:ジャイロボール ボディプレス まもる やどりぎのタネ

アシレーヌとの保管の良さは言わずもがな。
こいつがいないとギャラドスに全員タテられかねないのでよほどのことがなければ選出することになる。
ボディプレス採用はミラー時に打点が欲しかったのとダイスチルとのシナジーから。
実は草技がないので悪巧みミトムに負けかねない。

6.エースバーン815.png
性格:ようき 特性:もうか 持ち物:いのちのたま
努力値:A252 D4 S252 実数値:155-168-95-*-96-188
技構成:かえんボール とびひざげり ふいうち とんぼがえり

やっぱり高速アタッカーもいないとね、ということでここまでの炎打点のなさからも採用。
こいつも先制とんぼからサイクルを回せて最終抜きエースにもなれる。




スカーフフライゴンから組みだしたことでサイクル寄りの構築としてはまあまあなものになったと思いますが相手ヒートロトムが重かったのが伸び悩んだ点でした。
明確に有利と言えるのがフライゴンくらいですが鬼火もあるし逆鱗固定もしにくいので・・・。

それとどうやって受けサイクルを突破するのかと思われた人もいるかもしれませんがそちらは実は対処法があります。


ナットレイで宿木撒きながら20分回していればたいてい最後にはWIN表示が出てます。


個人としては幸運にも遭遇した覚えはありませんが切断バグやらでランクマも嫌な雰囲気が出て対戦オフ会も当面開かれそうもないなど嫌な時期ですが皆さんもポケモンバトルを楽しむことを大切にしていってほしいと思います。
私もそうしていきたいです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rplnobu.blog.fc2.com/tb.php/205-7bc468c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)