通りすがりのポケモントレーナーだ、覚えなくていい

リアルポケモンリーグでジムリーダーやってたポケモントレーナーのブログ。 ポケモンやら他のことについてつらつらと並べていきます。

パーティー解説(シングル)

リアポケの64期リーグ戦に参加していますが個体固定による予選が終わって対戦ログも公開されるので
使用パーティーの方を紹介したいと思います

使用パーティー
フライゴン シャンデラ ドータクン ブルンゲル キノガッサ マニューラ

このパーティーでレートもしばらく前から戦っていてリセット前の最終レートが1740、510位でした。
余談ですが全ルールでこれくらいのレートを持っていれば総合100位以内がギリギリ見えてくるみたいです
俺には無理だ

基本的にはパーティー内でタイプ被りはしないよう組む人なんですがゴースト2枚に関しては弱点突いてくる技が割とはっきりしてるのでそこまで気にはなりませんでした。

追記から個別でポケモン詳細
割と長い

1.フライゴン 陽気AS振り@こだわりスカーフ
逆鱗 地震 ストーンエッジ とんぼ返り

普通の物理スカーフ型。地震の火力は確保したかったのでA振りにしそれに沿って逆鱗を採用。
Sを必要最低限まで削って両刀にする手もあるが1舞後のウルガモス、オノノクスやカイリューに対抗したかったので最速に。
ウルガモスは同速だがC補正なのか調整なのか舞われた後でも大抵先制エッジを突きさせた印象。
とりあえず蜻蛉で後続に回しやすいのと最低限度の役割は持てる耐性のため使い勝手は良かった。

欠点としては逆鱗採用のため序盤で相手ドラゴンとかち合ったときなどに打ちづらくとんぼ返りを強いられることが多かった。
流星撃ち逃げならこの問題は無くなるが流星だと起点にされる恐れもあり終盤にスカーフ逆鱗で一掃、というケースもままあったためそこは一長一短か。それと種族値上どうしようもないがやはり火力が微妙に足りないことがよくあった。
運用法としては蜻蛉をうまくサイクルに組み入れつつ隙をついて抜きにかかる使い方になると思う。


2.シャンデラ(炎の体) 臆病CS振り@こだわり眼鏡
オーバーヒート シャドーボール エナジーボール 目覚めるパワー氷

フライゴンが味方サイクルを円滑にする役割ならこちらは相手サイクルを破壊する係。
基本は優位な相手(主に鋼)に繰り出してオーバーヒートを中心に負担をかけていく。
特性は正直に白状すると妥協の産物。ただトレースポケモンにオバヒを打てたりなんか妙なところで勝ち筋作ったりとこっちもそれなりの言い分はありそうな感じだった。
あとはこだわりゆえに相手の後続読みが大事ではある。めざ氷は主に竜読みで打つことになる。


3.ドータクン(浮遊) 生意気HD振り@食べ残し
ジャイロボール 地震 目覚めるパワー氷 どくどく

とりあえずラティに投げて持ち物が眼鏡なのを確認するのが主な仕事。よくその眼鏡をプレゼントされたりもする。
特防特化にすることで眼鏡ラティの攻撃もある程度余裕をもって受けられる。というか補正ありヒードランのマグマストームすら乱数だが87.5%は耐える。ともすれば地震で返り討ちである。何たるイケメン。
とにかく耐性的にフライゴンと相性が良い。2体とも砂パに強いポケモンであるため砂相手にはある程度優位に戦える。
ただし防御には振れていないためグロスなんかの相手は不安定である。第5世代になってアムハン持ちが多く、タイマンでは厳しいためシャンデラやブルンゲルのフォローが必要になる。


4.ブルンゲル(呪われボディ) 図太いHB振り@オボンのみ
熱湯 冷凍ビーム 鬼火 自己再生

テンプレなんでこいつは今更言うことも少ない・・・。ただこのパーティーにおいては物理受けだけでなく対雨要員でもあるため結構忙しい。D方面にも何らかの調整をかけるのがベストかもしれないが現状はこれでそこまで不便は感じない。
誰かいい調整あったら教えてください。
冷凍ビームの枠は結構悩みましたが今のところはこれがベターであると感じています。


5.キノガッサ(ポイズンヒール) 陽気AS振り@気合の襷
馬鹿力 種爆弾 マッハパンチ キノコの胞子

第4世代の懐かしい香りのするキノガッサ。毒毒玉の型が最メジャーですがこれも全抜きするような爆発力こそないですが安定してさがあります。
というかこいつの最大の強さは見せ合いで存在することだと思います。
先発の選出が絞りやすくなり優位な鉢合わせに持っていきやすくできますから。
ノイクンの身代わり対策等に種マシンガンの方がよかったかなと思うこともままあります。何気にこいつも対雨パ選出率高い。


6.マニューラ 陽気AS振り@達人の帯
冷凍パンチ 氷の礫 辻斬り けたぐり

多分こいつがパーティーのエース。グライオンやヤドラン、ブルンゲルといったポケモンが相手パーティーの物理受けだった場合など非常によく刺さる。ただそれでも数字が物足りない(無振りラティオス相手でも中乱数だったり)ので帯で補強してある。
こいつ出してると鋼がポンポン飛んでくるのでシャンデラかブルンゲルと組ませるパターンが多い。


全体的な欠点としてまずブルンゲルで厳しい水タイプ、特にスイクンが非常に重たい。水ロトム程度ならフライゴンで押したり2体がかりで倒したりも可能ではあるが、スイクンだと読みでガッサと対面させても普通にやられるケースの方が多い。(最近のはS振りも多く冷凍ビーム2発で落とされる、身代わりやカゴ警戒で胞子は打てない、S無振りでも今度は種爆2耐えされる可能性が出てくる)
他に組み合わせで言うとバンギムドーが本当厳しい、ムドーにシャンデラ出して読んでバンギにエナボ当てるくらいが必要になる。
またラム持ちのポケモンがいないため状態異常にもかなり気を配る必要がある。

とはいえ立ち回り次第では多くのパーティーと互角以上に戦えた悪くないパーティーだと自分では思ってたりします。
次のパーティーはこれらの脆い点の補強がテーマかなあ。


次回は多分リーグログの解説

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rplnobu.blog.fc2.com/tb.php/3-3f8532ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad