通りすがりのポケモントレーナーだ、覚えなくていい

リアルポケモンリーグでジムリーダーやってたポケモントレーナーのブログ。 ポケモンやら他のことについてつらつらと並べていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カントーカップ使用パーティ

今回の公式大会はカントーカップ、第1世代で大ハマリした第4世代復帰組である自分としては楽しみな大会ではありました。
ただ相棒のフライゴンちゃんが使えないのは珠に傷でしたね。

結果とパーティ構成としてはこんなもんでした
2013022600000000.jpg
レート1610は大したことないにせよ我ながらよくもまあこんなに試合数こなしたもんだ・・・

ちなみに初日はこんなもんでMAXは1746でした。
2013022315590000.jpg
負けた分取り返そうとして冷静さを失い大負けしていく例のパターンですね。
それでも最終日に意地で1600に乗せたのは収穫だと思うことにします。

パーティ詳細は追記。
ゲンガー
1.ゲンガー 無邪気 H4 C252 S252@きあいのタスキ
シャドーボール 10万ボルト ふいうち カウンター

カウンターゲンガーを久々に使ってみたかっただけ説。
カビゴンなんかを打ち抜けたのが良かった点。特殊カイリュー相手に空振りしたのが悪かった点。
サブウエポンはこご風も考えたがPT全体に水タイプの弱点が取れなかったため採用。
ふいうちは同族や高速エスパーとのタイマン性能を高めるため。結構使いどころは多かったです。
カウンターと合わせてタイマンでは相当に強かったですね。

サワムラー
2.サワムラー(軽業) 陽気 H4 A252 S252@ノーマルジュエル
とびひざげり ストーンエッジ ブレイズキック ねこだまし

かるわざサワムラー。
実はこいつが晴れ対策です。
スカーフリザや葉緑素ポケ等をすべて上から叩け、晴れで威力の増したブレイズキックを叩き込めます。
その場合先発はプテラでステロを撒いておくのがポイント。
もちろん対晴れ以外でもその速さと火力から強力なポケモンですがねこだまし以外に命中安定の技が無いためそれが敗因になることもしばしば見られました。

ストライク
3.ストライク(テクニシャン) 陽気 A252 D4 S252@しんかのきせき
虫食い 燕返し 電光石火 剣の舞

ラキヤドないしカビヤドの受け回しを突破したいため採用。
カイロスという手もあったがこいつは既にBOXにいたのに対しカイロスは親すらいなかったので後投げする耐久を重視し輝石で強化できるこいつを選択。
ただステロが蔓延したいた上岩タイプにも打点が無いため案外微妙だったかもしれない。

プテラ
4.プテラ(緊張感) 陽気 H4 A252 S252@パワフルハーブ
ストーンエッジ ゴッドバード 地震 ステルスロック

岩技、ステロの通りのよいルールと負うことで採用。
パワフルゴッドバードは強い。
ただ耐久的になかなかステロを撒く暇がなかったかなあと。


アズマオウ
5.アズマオウ(避雷針) 慎重 H172 B48 D252 S36@食べ残し
滝登り メガホーン どくどく つのドリル

Hは16n+1でDぶっぱ、Sを4振り70族+2で残りB。(このルールでこのS調整意味なくね)
分かりやすい特殊水、電気受け。役割としては非常に安定していた。
ただサンダースなんかを受けてもあくび受けて眠らされるケースが多々あったのが辛かった点です。
(後続に電気が通るのでなかなか引っ込めづらい)
つのドリルはロマン。戦況をひっくり返したりもしましたが積極的に打ちたくはないですね。

ニョロボン
6.ニョロボン(貯水) 図太い H252 B36 C220@ゴツゴツメット
熱湯 冷凍ビーム 真空波 巴投げ

調整はからやぶ後の耐久無振りパルシェンを真空波で確1で残りが耐久。
いわずもがなのパルシェン対策。てか他のメンツだとサワムラー以外スカパルで死ぬ上後出しも全く効かない。
またカイリューの鉢巻逆鱗も普通に耐えるのでゴツメを持たせてタイマンで勝てるようにしてある。
ラストの技枠は迷ったが正直巴投げはいらなかった。どうせこいつに出てくるのはヤドランなので向こうのゴツメと再生力でこちらだけ一方的にダメージを受けてしまうため、(相手の後続を見れるというメリットはあったにせよ)ステロ前提でなければおいしい思いはできなかった。
めざパは粘る時間が無かったにせよ催眠でも入れておいた方がマシだったかなとは思う。



パーティ全体の弱点としてまず状態異常への耐性が殆どないのでフシギバナなどに優位対面作られると相当に困るんですよね。
ガッサがいないからって怠っちゃダメですね。

それと普段はもっと耐性で受け回すような感じで組んでいるのですが今回はカイリューを対面ないしはどっかで削らないと基本倒せないので相手にカイリューがいるだけでゲンガーかニョロボンの先発を強いられるためどうしても消極的な選出になってしまい主導権を握られることが多かったです。
もっと攻撃的な構成にしてもよかったかもしれませんね。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/03/24(日) 10:31:38 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rplnobu.blog.fc2.com/tb.php/54-73756d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。