通りすがりのポケモントレーナーだ、覚えなくていい

リアルポケモンリーグでジムリーダーやってたポケモントレーナーのブログ。 ポケモンやら他のことについてつらつらと並べていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構築解説 フライドータスタン

第5世代もこれでお別れになることですし第4世代途中から今日に至るまで愛用し続けている自分のパーティーについて文章にして残したいなー、と思ったので。

基本形はフライゴン+ドータクン+ゴースト枠+対水(雨)枠+自由枠2という形になります。
パーティー解説カテゴリの記事を見てもらえればわかると思いますが自分のシングル用パーティーは大抵これですね。

フライゴンとドータクンの相性保管に一貫してしまう格闘、水を抑えつつサイクル重視に戦う形になります。
サイクル戦に持ち込むことでフライゴンの持つとんぼ返りや特性浮遊を生かした耐性での後出しで他のポケモンにはない良さを引き出せていると思います。

ガブリアスはガブリアスの地震に後出しできませんしねw

この形を初めて使いだしたのはリアポケでの2010年3月のリーグからですね。
このときは第4世代も終盤に入ってきたころだと思いますがこの時のリーグで運よく優勝したのが自信になりました。

この時に使った6体がこれになります。
トレーナーカード4

さすがに現環境だと通用しないと思いますが思い出深いメンバーになっています。

第5世代に入ってからはゴースト枠がシャンデラになることが増え、天候パの台頭からその対策もしながら徐々に入れ代わり立ち代わりしながらマイナーチェンジを繰り返して今の形になってきた感じです。

そのへんの変遷は過去の構築記事でも見ていってくだせえ

今ではサイクル戦重視の度合いがさらに強くなりポケモンに襷を持たせることも少なくなり多少耐久の薄いポケモンでも耐性頼みでガンガン出していくみたいな感じですね。

ただ立ち回りを間違えると一気に瓦解しかねないところがあるので慣れというか試運転は数がいると思います。
ただこれは僕のセンスの無さの方が原因かもしれませんがね。

いろいろ考えましたがやはり僕といえばこの構築なのでXYになってもこれを中心に考えていきたいと思います。
その時バトルすることになればよろしくお願いします。

トレーナーカード3


最高レート 1776(シーズン10)
2013100508440000.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rplnobu.blog.fc2.com/tb.php/87-267923d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。