通りすがりのポケモントレーナーだ、覚えなくていい

リアルポケモンリーグでジムリーダーやってたポケモントレーナーのブログ。 ポケモンやら他のことについてつらつらと並べていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XYレーティング第1期使用構築(第119回九尾杯使用構築)

クリスマスか

こんな町のムードの中ですがポケ勢にとってはポケムーバーの解禁日ですね。
当然25日以降は前世代産のポケモンが復活してくるわけで今の環境で戦えるのもあとわずかとなりました。

そういうわけでそれ以降にこの構築使うわけはないだろうと思って公開。

最高レートは1850程度で自慢できるものでもないですが九尾杯では予選5-2での通過からベスト8という自分では過去最高の結果を出せましたしフライドータ軸のスタンパは今世代でも十分に戦えると分かったことは収穫でした。

フライゴンドータクンシャンデラブリガロンルカリオランターン

フライドータスタンverカロスとでも名付けておきましょうか()

個別の詳細は追記で

1.フライゴン
性格:ようき 持ち物:こだわりスカーフ
努力値:A252 D4 S252 実数値:155-152-100-*-101-167
技構成:ドラゴンクロー 地震 岩雪崩 とんぼがえり

例によっての相棒枠。
以前ドラゴンクローは論外などと育成論では述べていましたが逆鱗が使えない現状のため泣く泣く採用。
無振りオンバーンですら低乱数だから泣ける。
でも竜技切るとそれはそれで困ることが多かったのでやむを得ない。
それでも様子見や対リザードンなどいろいろと働いてくれることは多く前世代同様シャドーストライカー的な立ち位置でした。


2.ドータクン
性格:のんき 特性:浮遊 持ち物:ゴツゴツメット
努力値:H252 B252 C4 実数値:174-109-184-100-136-34
技構成:ジャイロボール サイコキネシス めざめるパワー氷 地震

鋼タイプの耐性減が何より響いているこの子。
おかげで物理1本のメガガルーラなんかも受けきれずかなり割を食っている。
それでも現環境で湧きまくっているガブリアスをほぼストップすることができることで選出機会は多く、技構成を見直せばもっと活躍は見込めるポケモンだと思う。


3.シャンデラ
性格:控え目 特性:すり抜け 持ち物:防塵ゴーグル
努力値:H188 C252 S68 実数値:159-*-110-216-110-109
技構成:オーバーヒート 火炎放射 シャドーボール エナジーボール

前作までも使ってましたが汎用的に使っていた前作と違い今作は割とピンポ気味での採用。
まず第一の仮想敵がメガフシギバナ、一致技2つとめざ炎も半減できるため相当に相性がいい。
そのため眠り粉を無力化する防塵ゴーグルを採用。対面時の流れとしては放射から次ターンのオバヒで光合成での回復も許さない。
第二の仮想敵としてはいたずらごころ勢の壁展開を許さない点。
すり抜けの強化は非常に有用ですね。影踏みなんて最初からなかった
電磁波やいばる対策まで考えるとラムの方が安定ですが使用感はどっちもどっちでしたので今回は対バナの方を重視しました。

防塵ゴーグルですのでHが16n-1の意味はほぼないですが意地ファイアローの鉢巻ブレバを最高乱数切りで耐える数字ですのでこうなりました。
Sは4振りFCロトム抜き抜き、こうすることでちょうどCぶっぱできました()


4.ブリガロン
性格:ようき 特性:ぼうだん 持ち物:食べ残し
努力値:H236 B20 S252 実数値:193-127-145-*-95-127
技構成:岩石封じ 宿木の種 みがわり ビルドアップ

前回育成論で紹介した奴、の改良型。
育成論からの変更点だけを紹介すると、ニードルガードをビルドアップに変更し対物理への性能をさらに増しつつお互いに決め手の無い泥仕合への回答の一つとした。
前回Dに振った努力値20をBに振り直した理由としては、こうすることでA171ギルガルドの聖剣を身代わりが最高乱数以外耐えるようになるため。

実戦ではこいつはシャドーボールの一貫性を消すために選出することが多く、ギルガルドを起点にすることができればグンと勝ちに近づけるようになります。
実際は大差ないんでしょうが明確な目的を持って振ったという事実が変な安心感を呼びますね。


5.ルカリオ
性格:むじゃき 特性:正義の心(適応力) 持ち物:ルカリオナイト
努力値:A252 C4 S252 実数値:145-162-90-136-81-156(145-197-108-161-81-180)
技構成:インファイト バレットパンチ シャドーボール 守る

今回のメガ枠、そしてエースアタッカー。
うまく正義の心を発動させた時の爆発力はとんでもないです。

基本的に上から殴るだけなんで語ることは対して無いです。
守るはガルーラ対面で確実に先制するために採用、できれば神速は欲しいところでしたが。
シャドボはヤドランとか見えてたら交換読みで打ちましょうの技。

6.ランターン
性格:控え目 特性:蓄電 持ち物:突撃チョッキ
努力値:H52 B4 C252 D132 S68 実数値:(207-*-79-140-113-96)
技構成:熱湯 10万ボルト 冷凍ビーム ボルトチェンジ

ここまで対特殊要員がいなかったのでその枠。
ただその割にファイアローとか相手することも多い。
Cぶっぱで火力確保しつつチョッキに任せて殴っていくスタイル。
ハイポンや波乗りが弱体化した分相対的に熱湯は強い(錯乱)
得手不得手は割とはっきりしたポケモンなので交換読みでのボルチェンや冷ビはとても決まりやすかった。


このパーティーの致命的な欠点としてはメガヘラクロス来たら壊滅します。
相手できそうなのがシャンデラしかいませんがS削ってる上に逃げられるのが見えすぎててね。
ドータクンも2発で持って行かれるのでどうしようもありません。
幸い多いポケモンではないので助かっていますが・・・。

来シーズンからはおそらくこのパーティーを使う機会はないでしょうが次のパーティーもおぼろげには考えていますのでまた戦う機会があれば皆さんよろしくお願いします。

あとは年明けにはカロスダブルの方も形にしていきたいですね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rplnobu.blog.fc2.com/tb.php/91-5fcebc8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。