通りすがりのポケモントレーナーだ、覚えなくていい

リアルポケモンリーグでジムリーダーやってたポケモントレーナーのブログ。 ポケモンやら他のことについてつらつらと並べていきます。

第6回びぶおふ!第120回九尾杯使用構築

2/1の第120回九尾杯と2/2の第6回びぶおふ!の方に参加させていただきました。

結果としては九尾杯の方では予選5-2からの準優勝、びぶおふの方では予選全勝からのベスト8という結果を残すことができました。
シーズン2のシングルレーティングでもこのパーティーを使っており、最高レート(現在のレート)が2074になっております。
2014y02m01d_203850242.jpg

自分の中ではかなり納得した成績を残せた6体となりました。

フライゴンドータクンギルガルドヌオーバシャーモサーナイト

個別解説は追記
1.フライゴン
性格:ようき 持ち物:こだわりスカーフ
努力値:A252 D4 S252 実数値:155-152-98-*-99-167
技構成:げきりん 地震 岩雪崩 とんぼがえり

お決まりのの相棒枠。
ムーバー解禁で逆鱗が使用可能になったのが嬉しい。
パーティー的に重いリザードンやウルガモス等の掃討が主な役割。
またスカーフとんぼはは相変わらず便利なので優位にサイクルを回せたりとりあえず様子見の先発で出せてみたりと相変わらず便利な相棒。
実数値については5世代厳選産なんで突っ込まないでください。

2.ドータクン
性格:ひかえめ 特性:ふゆう 持ち物:こだわりメガネ
努力値:H252 C244 D12 実数値:174-*-136-143-138-53
技構成:サイコキネシス ラスターカノン シャドーボール めざめるパワー氷

今回は眼鏡アタッカードータクン。
こうなった理由としては今作の耐性変更、さらにはメガガルーラを筆頭とするメガシンカ勢の台頭により
従来のゴツメ物理受けとしての役割が思うように果たせなかったこと、しかしその一方でトップメタであるガブリアスをはじめとしてマンムーやカイリュー等(ギルガルドの流行によりカイリューは地震持ちが圧倒的に増えた)一部のポケモンに対し絶対と言っていいほどの耐性はいまだ健在である。

しかし悲しいかなその火力ゆえ引かれると相手への負担がそうは掛からない。
だが掛からないなら掛けてやればいいんですなwwwwwwwwww

前置き長くなりましたが要するに優位な相手に出して眼鏡の火力で後続をガンガン潰していきましょう。
鉢巻も候補でしたが逆鱗状態のガブを確実に仕留められるめざ氷を持てる特殊型に。
舐めて後出ししてくる奴は本当にいいダメージ入ります。

HDはこのラインでC222ギルガルドのシャドボは最大乱数以外は耐えるので返しのシャドボで一応勝てます。(おススメはしない)
Cも11nで綺麗でしょ?

3.ギルガルド
性格:れいせい 持ち物:ぼうじんゴーグル
努力値:H252 C252 D4 実数値:167-70-170-112-171-58(シールド)167-170-70-222-71-58(ブレード)
技構成:シャドーボール せいなるつるぎ かげうち キングシールド

冷静最遅の奴。
ぼうじんゴーグルによってキノガッサやビビヨンその他ねむりごなやキノコの胞子に依存しているポケモンに圧倒的に強く、その耐性で有効打もさしてないというのが大きなポイント。
ただし対フシギバナについては宿木や光合成、めざ炎等不安定なポイントはいくらかある。(シャドボ連発でDダウン引いて押し切れなくもない)
技構成に関してはテンプレ、ただしとある1試合だけラスターカノンが喉から手が出るほど欲しくなった。
鈍足ゴーストの癖に相手ゴーストと打ち合えという無茶な命令を下されているポケモン。
ミラー対策での最遅ではあるが他に相手ギルガルドを他で対策できているなら意地っ張りでS調整をして上述のポケモンを起点に剣舞を積んでいく型の方がいいかもしれない。

4.ヌオー
性格:わんぱく 特性:てんねん 持ち物:ゴツゴツメット
努力値:H244 A4 B252 D4 S4 実数値:201-106-150-71-86-56
技構成:じしん ねっとう じこさいせい どくどく

Q.どうして熱湯使うのにC下降でおまけに個体値甘えてるの?
A.ちょっと前まではエッジだったんだよ文句あるか。

積みポケモンが強いならこいつは絶対に強い。
熱湯にした理由はメガハッサムとの強力な泥仕合にPP切れという屈辱を味わったため。
しかしこれが大きくハマってこれた感。
どくどくは対耐久や裏にバナとかいないならこれ使っとけの技。
ミラーにも超強くなれる。
やけどと毒撒いて再生してれば相手は死ぬ。(暴論)
ただやはり数字が不足しているため鉢巻などによる強化は受けきれないケースもあるので過信はしないこと。

5.バシャーモ
性格:むじゃき 特性:加速 持ち物:いのちのたま
努力値:A180 C156 S172 実数値:155-163-87-150-81-134
技構成:とびひざげり オーバーヒート じしん まもる

加わったのが九尾杯二日前なのでB甘えてますすいません()
メガガルーラやギルガルドを上から1発で持って行ける非常に強力なポケモン。
しかし実はできる限り選出したくないポケモン。
その理由としてはメインウエポン2つの命中が90しかない、その点に尽きます。
勝てそうな試合で使うのが不安でしょうがないんですよね、基本命中安定厨なんで。
岩技なんかはもう割り切るしかありませんが。
こいつの最強の役割は相手の選出強制力かもしれません。

サブウエポンが地震の理由としてはヒードラン相手に守るやゴースト交換の択ゲーなんかしたくないという理由とシャンデラに対する打点ですね。
めざ氷あたりがメジャーらしいのですがこのパーティーはゴーストに安定して投げられるポケモンがいないのでシャンデラで止まるというのはどうしても避けたかったのはあります。
ストーンエッジと違い命中安定なのも魅力ですね。
正直あの期間でめざパ粘る気力も無かった。
地震でメガゲンガー倒せた試合があったのはうれしい誤算でした。

調整はCがH252D4ギルガルドをオバヒで確定1、Sは加速1回で130族抜き、残りAです。

6.サーナイト
性格:おくびょう 特性:トレース(フェアリースキン) 持ち物:サーナイトナイト
努力値:H252 C8 S248 実数値:175-*-80-146-135-144(175-*-80-186-155-166)
技構成:ハイパーボイス サイコショック めざめるパワー炎 アンコール

実数値と性別に関しては5世代厳選産なんで突っ込まないでください。
今回のメガ枠。
ハイパーボイスの一貫性と身代わり貫通効果に惹かれての採用。
めざ炎は相手の後続にハッサムがいそうな優位対面でドヤ顔で打つもの。
さすがに対面で打つ勇気はありません。
H振りだけでも相当な特殊耐久があるので強引に相手の特殊に繰り出すことも多かったです。
Sをここまで振った理由としては最初もっと削ってたんですが素の状態でヒードランの身代わりにアンコールかけようとしたら抜かれてたためドラン抜きまで振り、するとメガ時にサザンと同速になるのが気に食わなかったので振り切ってしまいました。
ただめざ炎に関しては本当に交換読みでしか使えないのでドランに刺さるめざ地や当てる自信のある人なら気合玉の方がよかったのかもしれない。

余談ですがフェアリーを後ろに控えさせることでフライゴンでガブを煽りながら地震連打できるのが楽しい。


あまりパーティー内でタイプを被らせることのない自分としては珍しく地面2枚、鋼2枚、エスパー2枚という構成になってしまっていますがそれぞれの役割分担はできているので問題はないと思います。
これもこれまでの自分ではなかったことですが実は水が一貫してしまってます。
ですが物理はヌオー、特殊はサーナイトである程度相手できるのでこれもまあ許容範囲だと思います。
(H振りメガサナは控え目グドラの雨下眼鏡ハイポン耐えます)


一応シングルの目標としていた2つのイベントを通過したのでしばらくお休みしてカロスダブルの方を考えていきたいので今回パーティー公開としました。
もしかするとレート2100目指してちょっとは戦うかもしれませんが・・・。

今回の結果を通じてフライゴンへの不当な風評被害が少しでも見直されてくれれば望外の喜びであります。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rplnobu.blog.fc2.com/tb.php/94-192e53e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad